ビンちゃん。
後ろ足にふらつきがあり、おしっこのコントロールが上手く出来ず、漏れてしまうそうです。でもとてもいい子で、ハンサム!


この子は下半身麻痺の女の子。
大人しい美人猫ちゃんです。
2匹とも愛護センターからやって来ました。ハンディのある子はなかなか表に出てこれません..
一般譲渡は難しい子達です..
それでも職員さんのお陰でとても人になれています。みんないい子達ばかりです!

下半身麻痺の子は圧迫排尿をしてあげないといけません。ウンチも促してあげないといけません。そしてだんだん尿道も緩くなってオシッコの漏れが始まる子もいます。オシッコ被れもおこします。そして腎臓の病気も..
でもこの子たちは人間によって事故に遭ったと思われる子達です。
だからそこ助けてあげないと!
世話は大変だけど助けないと!
人間が障害を追わせてしまったのだから..
とても悲しいニュースが流れていました..

ふと桃ちゃんとの思い出がよみがえってきました。
家族になって7年
闘病生活5年
3度の手術
再発しないようにと3ヶ月~半年ごとのCT検査
5年たって再発がなければよし!
そんな矢先、血管肉腫とリンパ腫
二種類の癌におかされていることがわかりました..即手術
余命1ヶ月
抗がん剤治療で入退院を繰り返し
それでも彼女は愛想よく辛い表情は見せませんでした。
食欲がだんだん落ちていくなかでも
強制給餌で頑張って食べていました。
身体は凄く辛かったろうに
亡くなる前日まで他の子と同じように過ごしてくれていました。
それは心配かけまいと気丈に振る舞っていたんだと思います。
亡くなる前日だけは起き上がることが出来ず、高熱で息も苦しそうでした。
そして私の帰りを待って寝ているかのように
綺麗な姿で天使になりました。
家族が病気になれば、離れていてもずっと頭から離れずにいます。
いつも心配で、いつも一緒に居てやりたくて、
でも日常の生活があるから居てやれなくて..
どうしたら1日でも長く生きられるかな
あのサプリメントがいいらいし
あのお水がいいらしい
家族は藁をもつかむ思いです。
限られた時間の中で..
家族もなんとか長く生きられるように
あらゆる方法をさがします。

どれくらい生きれるか
わからない中で
出来る限りの事を
そして亡くなると後悔ばかりが残ってしまいます..
保健所から引き取ったクゥちゃんはまだ子猫でした。
猫風邪のせいで眼が半分開いていない状態で我が家に来てからも抗生物質を手放せませんてした。とっても甘えん坊で他の子が居ないと膝の上から離れない可愛い子でした。
腎臓病でした。
上手く付き合えば細く長く付き合える病気です。
でも力尽きました..
何度も何度も看取って来たけれど死に馴れることはありません..
めじなちゃん三回目のセラピー活動でした。
三回目ともなるとだいぶさまになってきました!
リビングに入るなりゴロン~
お腹なぜて~

さくらもラテちゃんもそしてめじなちゃんも活動中は吠えることがありません。
おうにち帰ると普通の犬なのに
お仕事中ということをとても理解できています!


サマードレスは桃ちゃんがセラピー活動の時に着ていたお下がりです。

めじなちゃんも似合ってるかな..
ランちゃんが10日午後6時に息を引き取りました。眠っているかのように穏やかな最期でした。抗生物質が効きますように..
お祈りしたけれど..天国へ..仲良しだったポチ君の元へと導かれていきました。
とても穏やかに..とても穏やかなお顔をして天国に行きました。
東日本大震災の福島県の津波の後、保護された子でした。
この子を引き取った時、いずれ飼い主さんのもとに 返すことが出来たら..一緒に福島県に行けたらずっとそう思って五年間過ごしてきました。それはランちゃんがとても大人しくて良い子だったから!
可愛いがられて育った子だとわかったからでした。甘えん坊でポチ君といつも一緒でした。
推定10歳と思ってたけれど肺炎で亡くなったことを考えるともう少し年を取っていたようです。
五年間沢山沢山思い出があります。
短いけれど子犬から一緒だったのと同じように
五年も十年も十五年も愛情にかわりありません。ランちゃんも私も..
探し出せるものなら元の飼い主さんと会わせてやりたかった..
それだけが心残りです。

もっと早く病気がわかっていたら
もっと早く治療してあげれたら
いつも後悔ばかりです..
病気になると藁おもすがる思いで
出来ることなら私の寿命を分けてあげたくなります。
ランちゃん うちに来てくれてありがとう
ポチ君とランちゃんの毛はおなじ箱に一緒に
入れました。いつも一緒に仲良くね