桃が大手術を受けてから約四年が経ちます。
右耳の下から喉にかけて腫瘤ができ、喉の半分以上を圧迫して呼吸がしずらくなっていました…
何軒か病院を訪ねても答えは同じで(手術は出来ない場所で、このままだと呼吸困難になり、辛い状態になるので安楽死も考えてください)でした。どうしても諦めきれない私は最後にドッグセラピーでお世話になっている獣医さんのもとに行きました。そしてネオベッツVRセンターの先生を紹介して頂きました。この先生が唯一(僕は手術しますよ。でも耳から喉にかけて沢山神経が繋がっています。切らないように避けて腫瘤は取りますがもし誤って神経を切ってしまった場合は顔面麻痺になるかもしれません)
そう言われましたが私は顔面麻痺になったとしても桃が生きれる道を選びました。
その時先生は(手術するのも、しないのも飼い主さんの選んだ選択が正しい答えだからね)と言ってくれました。六時間にも及ぶ手術は口から通すチューブでさえ簡単には入らなかったくらい
喉はふさがりかけていたそうです。
そして少し顔面麻痺にはなりましたが
四年たった今でも桃は元気に過ごしています。
あのとき先生が手術をしてくださらなければ
桃は四年前に亡くなっていたでしょう…
それから3ヶ月~半年周期でCTの検査をしています。再発していないか調べる為です。

大手術から二年経ち…今度は腸重積という病気になりました。食欲がなく、丁度CTの検査があったので診てもらったら、先生は大慌て緊急手術となりました。腫瘍で塞がっていたそうです。
二度目の手術から二年経ち腫瘍の転移もなく、
血液検査も問題なく健康そのものでした。

桃は沢山の獣医さんに守って頂いています。
推定11歳ですがまだまだ元気です。
桃ちゃん!母ちゃんは桃ちゃんに会えて良かった~桃ちゃんずっと母ちゃんの側に居てね!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/88-eb8a2491