FC2ブログ
2016年6月に保護した都は下半身麻痺でした。
他の愛護団体さんが保護されたのですが、
下半身麻痺のうえに妊娠していたので
私に託されました。
獣医さんにエコーで診てもらったら3匹お腹に宿していました。(今ならボールみたいで猫の形をしていないから堕胎を勧めます。下半身麻痺だから陣痛も分からないから大変ですよ)
そう言われました。でも私は生きてる命を殺すことが出来ませんでした。

そのまま経過を見て1ヶ月半ほど様子を見ました。だんだん大きくなっていくお腹に圧迫排尿はお腹の赤ちゃんを潰すようで怖かったです。
そして出産近くからは体温を計りその時を予測しました。都にも毛布をかき出産の兆しがあったのでエコー検査すると3匹いたはずの赤ちゃんが一匹しか大きくなっていません。
帝王切開に踏みきりましたが育っているはずの赤ちゃんは大きさは生まれてキテモおかしくない大きさだったけれど毛が生えていませんでした。
私の手のひらに乗せてもらったら赤ちゃんは確かに息をしていました。鳴かなかったけれど
呼吸をしていました。そのうちうっ血して僅か5分程の命でした。他の二匹は猫の形すらないまま育っていませんでした。
帝王切開の手術を終えて自宅に戻った都の横に
赤ちゃんを置きました。自覚はないだろうけれど少しだけお母さんと一緒にしました。

後悔は無いけれど結果的に赤ちゃんみんな死なせてしまいました。獣医さんの言う通り堕胎が正解だったのかもしれません。
都は来た頃は圧迫排尿でしかオシッコは出ませんでした。下半身麻痺の子は段々筋肉が緩んできてオシッコが自然に出てしまいます。
都も一年が過ぎた頃そうなりました、
昼間仕事で居ない私は朝晩しかオシッコのケアをしてやれません。
タオルを沢山敷いてオシッコを吸収出来るようにしたけれどオシッコかぶれに悩まされました。結石や血尿にも悩まされました。
そしてやっと人間のベビーシャンプーで都に合うのが見つかってオシッコかぶれも解消してホッとしたところで亡くなりました..
下半身麻痺の子は健常な子より腎臓に負担が掛かると言われていました。圧迫排尿してもオシッコが多少残ってしまうし、バイ菌も入りやすいからだそうです。
男の子の下半身麻痺の子はまだ3匹居ます。
その子達は保護して四年以上経つけれどオシッコかぶれも血尿も有りません。
男の子と女の子では違うのかな..

都ちゃん お母さんは突然のお別れでショックです。まだまだ頑張れると思ってました。
朝晩シャンプーしてドライヤーする時間が
唯一二人だけの時間でした。
その時間がもう有りません..
都ちゃん 生まれかわったら、今度は交通事故に合わないように..元気な姿でまたうちに来てくださいね
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/605-cc02091b