FC2ブログ
獣医さんに会ったのでパピ子の年齢的なこと。乳腺腫瘍のこと。
そして一キロほどしかなくガリガリで食が細いこと。口頭で伝えました。
獣医さんは(乳腺腫瘍だから即手術とは考えなくていい。このままにしておくのも一つ。
大きくなって破裂したときに安楽死を考えるのも一つ。小さい時から飼ってないから思い入れも少ないでしょう)
私にとってショックな言葉でした。
獣医さんの立場からすると当然の言葉かもしれません..
でも保護した側からすると、
保護した時点で責任が生じるのです。
何とかしてあげたいから..
元気にしてあげたいから..
1日でも一緒に暮らしたらみんな同じなんです。
10年も15年も一緒に暮らしてる子と
昨日保護した子も思い入れも愛情も一緒なんです!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/521-933b6e3d