小雪ちゃん
眼も見えていません。
歩くのもおぼつかないし、時々テンカンを起こすのでサークルの中での生活です。
フードも固形物が食べれないのでミキサーにかけて流動食を作ります!
ペロペロ舐めてあちこちに食べかすを散らかすけれど、それもお愛嬌!


こちらはすみれちゃん。
1日ベッドの中で過ごします。
調子が良ければお部屋を少し散策します。

二匹とも人間の赤ちゃん用パンツタイプのオムツをはかせています。
保健所から引き取ったときからおばあちゃんの二匹。
なんでこんな可愛い子達を捨てるんだ!
それとも迷子になって探せないでいるのか..
小雪ちゃんもすみれちゃんも癒し系です。
老犬も可愛いですよ

老犬や疾患のある子達は保健所で保護されても引き取り先がありません。
でもこの子達は幸い譲渡の道を開いてくれる保健所にいたから引き取れました!

私のいる東大阪はというと..
愛護団体は保護できません!
もちろん個人で保護活動している人にも譲渡してもらえません。
里親探し目的での譲渡はしません!
先日、トイプードルが保護されていました。
あきらかに放浪が長かったと思われるような毛並みの悪い子でした。
保護してやりたいけれど..
うちの子にしてやりたいけれど..
私も譲渡対象から外れています。
救いたくても救えないのです。
何十年も前から状況は変わっていません..
東大阪の譲渡率が低いのはそのせいです!

以前他見の保健所の職員さんからもどうして譲渡率が低いのか聞かれたことがありました。
職員さんも驚いていました。

東大阪市内で迷子の犬猫を保護しても保健所には連れていかないでください!
警察署に拾得物として届けてもどうか警察署に預けないでください。
愛護団体や個人で保護されている方が入っていないと保健所に移動されます。
そうした太刀打ち出来なくなってしまいます。
悲しい現実です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/470-fee58a76