やっと毛がはえてきたのに..
サンちゃんは黄疸が出て貧血が酷くなってからもペットチニックというサプリメントと食べる量が少ないときは子供用のレバコールを飲ませていました。そのおかげか少しだけでも毎日ご飯を食べてくれていました。最後の朝も少し食べてくれていました。でも私が帰ってサンちゃんのケージを覗くと横になっていました。なにやら嫌な予感..少し起きあがって暫くするとそのまま眠るように息を引き取りました..
11日..会社から帰るまで待っていてくれました

穏やかなお顔で..

そして昨年年末に引き取ったしろちゃん

保健所にいた頃からエイズのせいか顔が腫れていました。
口内炎からきているのか原因がわからず..
ステロイドを注射して様子をみていました。
それから5ヶ月 抗生物質を毎日飲みながら過ごしてこれました。
毎日朝晩ご飯の時間になると(早く~早く~)
ケージの間から手を出して催促します。
ですがだんだんヨダレが酷くなってとうとうしろちゃんにもその時がやって来ました。
朝、横になったままのしろちゃん。
こんな姿を見たのは初めてのでした。
(帰るまで頑張ってな~しっかりしいや)
そう言って会社に向かいました。
夜に帰るとしろちゃんは頑張ってくれていました。お水も飲んでくれていました!
口内炎のせいで口から出血していたので
洗浄して、なんとか延命できる方法があればと動物病院につれていきました。
輸血したら2~3日は持つかもしれないけれど
エイズなので他の血を輸血するともしかしたらアレルギー反応が出て死に至るかもしれないと言われ..子猫のあめちゃんのことがあったので
躊躇してしまいました..
輸血はやめて、2~3日痛みが軽減されるようステロイドを注射してもらいましたが、その日の夜..しろちゃんも眠るように息を引き取りました。口内炎の子に効くかもしれないといわれている殺菌作用のある蜂蜜 マヌカハニーも
届いたけれどしろちゃんには間に合いませんでした..藁おもすがる思い..病気の子を保護すると
みんなそういう気持ちになります..
少しでも良いサプリメントを..



保健所では職員さんたちが一生懸命ケアしてきた子達です。バトンタッチして我が家に来て数ヶ月で亡くなるのはとても辛いです。
長生き出来るようにと引き取るのに..
うちに来る子達は譲渡に不向きの猫達..
引き取り先がなければ死を意味します。
エイズ、白血病、下半身麻痺、人になれていない子、骨折した子..
それでも保健所では生きています。
毎日ご飯をもらって、ケアしてもらって
しっかり生きています!
なのに引き取り先がなければ、死んでしまいます。長く保健所で保護できません..保健所も一杯になってしまいます。
だから 頑張って我が家でケアしないと!
思いと感情がついていかない時もあります..
看取りは辛いけれど..なにもしてやれないけれど
辛くても穏やかな顔で逝ってくれると少しほっとします。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/467-b138de4e