ずっと書けなかったポチくんの突然のお別れ..

結石で入退院を繰り返していたポチくん。
3月10日午後1時に亡くなりました。
日曜日、ポチの様子がおかしくてぐったりしていたので病院に行き、また入院となりました。
尿毒症を起こしていました。
翌日、様子を見に行くと静脈からの点滴と尿道に管を入れてオシッコが常に出るようにしていました。少し元気を取り戻したポチは帰りたそうに入院室から出ようと前足で私に近づこうとしていました。(もうちょっとがんばってな!)
そう言って帰りました。翌日は残業で見に行ってやれなくて..水曜日は病院の休診日だったので木曜日に会いにいくつもりが、お昼に携帯がなりました。動物病院からでした..(たった今ポチが亡くなりました)
まさか..元気になるはずだったのに..
なんで会わずに亡くなるの?
信じられませんでした..
夜ポチを引き取りに行くと獣医さんから(元気になったので点滴と管を前日に外したんです。そしたら翌朝また調子が悪くなって、お昼に発作を起こしたので発作を止める注射をしたら
なくなっりました。オシッコが腎臓に逆流したのかも知れない..)
私は発作を止める注射ってもしかして安楽死?
そう思ったけれど言えませんでした..
苦しんでいる子に処置をするのがお医者さんです。理解はできます。
悲惨な子を保護しては獣医さんに治療をお願いしてきました。癌の子達もです。
苦しんでいるこに安楽死を何度か勧められました..そのたび拒否してきました。(この子の寿命は私が決めれません)いつもそう言って断ってきまして。
苦しんでも最後まで自分で生きてほしいから..
ポチも自宅での発作なら私も一緒に頑張ったと思います。でもお医者さんの立場なら違うかも..
最後は穏やかに息を引き取ったそうです。
我が家に来て四年..
推定五歳

四年前..一月に保健所に行ったとき、嬉しいことに保護する猫は居ませんでした。
でも奥から下半身麻痺の犬が職員さんの後を追って後ろ足を引きずりながらはっていました。(この子の引き取り先はありますか?)
(まだ決まっていません)
(私が連れて帰ってもいいですか?)
それがポチとの出会いでした。
垂れ耳で長毛の中型犬
圧迫排尿も大変です。
タオルを手に持つとオシッコを絞る時間です。
ポチは私の所に寄ってきます。
中型犬なので横に向かせておしっこを絞ります。四年間ずっと何事もなく過ごせていたのに..
ずっとこのままずっと一緒だと思っていたのに..
信じられない出来事でした..

仲良しだったランちゃん
ポチの亡骸のそばにずっといました。

ポチ..悔やんでも悔やんでも..ポチ..
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/448-7ad0fc21