毎朝、時計がわりに情報番組を見ています。
このコーナーが始まったら掃除がここまで終わっていないと!そんなそんな感じで見ています。
そのなかで昨日は
(狩猟女子)と言って猟師のあとを付いて狩猟体験が出来て捕らえた動物を解体して食べる そんな体験ツアーの特集をやっていました。
人手不足もあってか、狩猟免許を取る女性も増えているそうで、女性の猟師に密着して狩りをするところが放送されていました。

農作物の被害や頭数制限の為の狩猟もよくわかります。
だけど..放送の中で女性の猟師が言っていた言葉に対して違和感がありました。
それは(楽しい~)と言っていたこと!
その意味は..私にとって狩りをするのが楽しい~
銃を撃って殺すのが楽しい~
にしか聞こえなかったのです..
まるでゲーム感覚なのか..
とても不愉快な思いを朝からしました..

狩猟免許取得の内容は読んでいませんが
生死の勉強もきちんとされているのかもしれませんが..
だけど楽しい~はないと思いました。
ひとつの命を軽く思っているように思いました..
北海道にいったとき、鹿が増えすぎて
頭数制限の為に殺さなくはいけない話を地元の方から聞きました。
新芽を食べてしまって木々が育たなくなるそうです。
でも人間の為に死なせてしまった鹿は
無駄にすることなく食用として食べるそうです。地元の方からのお話には重みがあり、
命の重さ大切さもよくわかりました。

でも昨日の放送は凄く軽く感じてしまいました。
狩猟女子とか狩猟ガールていう呼び方も
軽く感じてしまうのは私だけでしょうか..
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/415-d6eaa096