2014.05.02 鈴ちゃん退院
血尿と食欲不振で入院していた鈴ちゃんが退院してきました!
血尿は落ち着いて食欲も少しずつではじめました。膿はお尻からでした。下半身麻痺の子大半は足を横にして座ります。
鈴ちゃんの場合、足を前に投げ出して座るので
床とお尻とで摩擦が生じ化膿して硬い瘡蓋になっていました…
まだ食が少ないので様子を見ながら点滴をします。

圧迫排尿した後は陰部洗浄です。
人間の介護と同じように洗剤のボトルを使います。圧迫排尿で使用したペットシートを敷いたままお湯を入れて洗い流します!ペットシートがお湯を吸ってくれるので便利です。人間の場合は紙おむつを敷いたまま洗浄するのでその代用ですね。



そしてもう一匹下半身麻痺の男の子がいます。
名前はシャーです。

人に慣れていなくて近寄るとシャーって言うからです。うちに来たときに苦労しないようにと保健所の皆さんが慣れるまで三週間ほど頑張ってくれていました。
だけど心を開くことは有りませんでした。
我が家にきてもまだ心を開くことは有りません。直に触れないので顔にタオルを被せて覆うと少し大人しくなります。その間に圧迫排尿をし、洗浄します。シャー君も床との摩擦で睾丸がただれていました。二人とも私の管理不足の為に痛い目に遭わせてしまいました…
暫くはケージの中で療養です。

ハンディのある動物はケアする時間とお金が必要です。人間も同じです。私も働きながら沢山の犬猫の面倒をみています。
自分の時間はほとんどありません。だけどそれでいいんです。時間はないなりになんとか少しでも作れるものなんです。医療費も餌代も欲しいもを我慢すればなんとかなります。
殺処分されるくらいなら、捨てられるくらいなら欲しいものだって時間だって自分さえ我慢出来すれば何でも出来るんです。
ただ…会社から帰るとすぐ動物達の散歩、片付けご飯等々、先にするので私たちのご飯が11時前になることが多いです。病院に連れて行ったりすると12時前になったり…
それでも何も言わずに待っていてくれている旦那さまにはいつも感謝です
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/33-fb0bfd36