今日、小麦が亡くなりました…
腎臓病を患い、わずか7歳で亡くなりました…
この子は私に全くと言って良いほど世話をかけずに逝ってしまいました。
今朝も痩せた体で缶詰を食べて、お水も飲んで
何も変わった様子を見せず、私が仕事から帰るとケージに横たわって亡くなっていました…
しんどかったのに本当は辛かったのに最後までいつもと変わらない様子で心配かけないようにしてたのかもしれません…
腎臓病の猫さんも何匹も看取ってきました。
どの子も最後はご飯も食べれなくて辛い見取りになります。だけど小麦は最後まで心配かけずに逝きました。

小麦は子猫を保護するといつもお母さん代わりに面倒を見てくれてました。子供もうんだことがなく、子育てしたことないのに、私がミルクをやった後、小麦はいつも子猫の首を噛んで自分の寝床に移動させ、舐めてオシッコを促しこして一緒に寝てました。毎年毎年同じことを繰り返して、子猫達のお母さんになっていました。このブログに登場してるキキとあきちゃんも小麦に育てられた子猫でした。
小麦ちゃん…何で死んじゃうの?
今年もまた子猫が沢山来るのに…
お母さん代わりがいないじゃない!
小麦、あなたは子猫達に優しく接してくれました。もちろん他の猫さん達にも!
分け隔てなく、皆に優しくしてくれました。
ありがとう小麦
長生きさせてあげれなくてごめんね…

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/32-ab0d80e0