ネオベッツVRセンターで入院、手術して頂いて1週間が経ちました。
炎症の数値が落ち着いたので本日退院となりました。
桃は不死身です。老犬だけどまだまだ頑張れそうです。頑張ってもらわないと困ります!

初めは脾臓摘出手術のみだったのがお腹を開けてみると小腸に穴が開いていて漏れていたそうです。
痛みを我慢していたのかな…
桃は5年間に3回ここの病院で手術をしています。
1回目は5年前、あちこちの病院で為す術がなく安楽死をすすめられました。
耳がら喉にかけての腫瘤があり喉を圧迫し呼吸がしにくい状態にありこのまま呼吸困難になり苦しんで亡くなるよりは
安楽死を…そう言われ愕然とし、ここの病院なら手術できると思うとドッグセラピーの獣医さんから紹介して頂いて
今に至ります!
そして次は腸重積…
重なった場所には腫瘍がありました。
そして今回…
桃はここの獣医さんのおかげで生きています!
手術する選択
しない選択
飼い主さんの事情もあると思います。
だけど私は全て手術する!という選択をしました。
してやれることは出来るだけしてやりたい!
(手術して1年長く生きれることは桃ちゃんにとって4~5年に相当する)
大型犬は10年生きれば長生きさんです。
桃ちゃんはもう超えています。ご長寿さん
子犬の時から一緒にいないけれど…
桃の一生の中に私と居る時間は半分だけど、辛い思いをしても
人間大好きで居てくれるこの子達に感謝です。
辛い思いをした分長く生きて欲しいから!




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/297-9b008620