キャラは9年前、ニュースやワイドショーで取り上げられた広島ドッグパーク出身のこでした。
2年近くろくにご飯も与えられず狭いサークルには沢山の犬が閉じ込められ、小さなクレートにも閉じ込められて
500頭以上の犬が悲惨な生活を余儀なくされていました。
我が家にはドッグパーク出身の子が2頭います。キャラとゴールデンの桃ちゃんです。

キャラは狭いクレートに居たと思われ、頭のてっぺんと背中の真ん中にタコがありました。
ずっと座っていたためか、お尻の骨がむき出しで床ずれの後のような傷があり、寒くなるといつも出血していました。
耳と脚も喧嘩して傷ついた痕が沢山ありました。
おとなしくて弱虫くんのキャラは強い子達にやられていたのかもしれません。
ご飯を必要量与えられていなかったせいか食に関してはわれ先に一気に食べていました。
ウイペットという犬種はどちらかというと性格は猫みたいな感じです。
そして甘えん坊さんでした。でも保護犬は常に遠慮がちになります。甘えたくても他の子に遠慮したりします。
我が家で引き取ってすぐ、黒色腫(メラノーマ)になり、右眼球を取りました。
眼球を取るか、腫瘍だけを切除するかの選択を迫られ私は眼球を取ることを選択しました。
腫瘍だけを切除した場合もし、取り残しがあれば脳に転移する可能性があったからでした。
見た目を取るか、安心を取るかの選択です。

それから転移もなく、普通に過ごしていたのに..
足にふらつきがあったので、診察してもらうと
悪性リンパ腫..
初診のときは脾臓の腫れだけだったけれど
詳しく検査をしていくうちに骨にも..
歩けなくなってからは神経にも転移したらしく
余命宣告も受けました。
痛くなるだろうから安楽死も..
でも私の中に安楽死はありません。
頑張って生き抜いた子だからこそ、私が命の選択をしてはいけないと思うからです。
キャラは亡くなる前日までしっかり流動食を食べました。まだ生きたかったと思います。
キャラは躾が入らず保護犬のなかでも一番苦労した子でした。
大変だったから天国に行ってからはなんだか我が家がガランとした感じです..
弱虫キャラちゃんの存在は大きかったな♪


うちに来てくれてありがとう♪キャラ
いつか天国で会おうね♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/290-9559dacd