6月3日に保護した6匹の子猫..
一番小さかった子猫

亡くなってしまいました..
急に食欲が無くなり、鼻水と目やにもで出したので動物病院で皮下点滴をしてもらい、その夜はまだ動けていました。翌朝は強制給餌でミルクを飲んで、仕事に出かけ、夜帰ったら寝たまま顔を上げていなかったので慌てて動物病院に行き、低血糖かもしれないので、ブドウ糖とビタミン入の皮下点滴をしてもらいましたが..
(急にガクッと悪くなるのは元々疾患があると思います。回復の見込みは難しいよ)
先生にそう言われました..
この子を見た瞬間に頭では死を覚悟していました。それでも病院でなんとか助かるすべはないのか..!頭では理解できても心では理解できません..
帰りの車の中で(れん!がんばれー!初代のレン君は何度も頑張ったよ!だかられんもがんばれー!)
家に着いてしばらく膝の上で抱っこすると、大きく深呼吸を二回してそして亡くなりました..すごく穏やかな顔をして亡くなりました..
何もしてやれる事がないまま小さな小さな子猫が天国にいってしまいました..

いつも後悔ばかりです..
沢山してやれる事があったのに..
私が保護しなかったら、他の人が保護していたら死なせずにすんだかも..

動物霊園で左手に数珠をかけて
穏やかなお顔で天国に行きました..

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/227-4bbf193f