ワンハート大阪のブログに以前載せて頂いた大怪我をおった子猫の信ちゃん
切断手術の後の診察とワクチン接種をしてきました。
傷口は分厚い瘡蓋になっています。この瘡蓋が取れるとタコになるそうです。そうなったらOK!
だそうです。本来なら肩から切断したほうが良かったそうですが、信ちゃんのこれからの事を考えて少しでも腕が動かせるようにと肩下の肘の部分を少しだけ残してくれました。少しだけでもつっかえて歩けるようにだそうです。
だけど残すことで床につっかえて傷になるようであれば再手術だったのですが、今のところ大丈夫です。人間にふれる事もなく育って、大怪我をして1ヶ月近く痛みと闘って…人間不信です。私以外の人が近寄ると威嚇します。まだまだ心のケアが必要ですね!食欲も便も健康です。

我が家には下半身麻痺の猫やケガをおったハンディのある猫や犬が沢山います。
そういった子を引き取っています。
だって交通事故に遭ったり、傷をおった動物は人間が負わせてしまった事だから…

世話は大変だけど一度も苦に思ったことはありません。むしろ世話をさせてくれてありがとう!っておもいます。なぜならこの子達から色んなことを学ぶからです。動物は凄い!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/20-55215804