10月2日に保健所からやって来た二匹の子猫ちゃん

まだ生後3ヶ月位の小さな女の子達。
白黒の子はこつぶちゃん。
キジの子は元気ちゃん。

元気ちゃんは体重も増えスクスク育っています。
こつぶちゃん..
体重がなかなか増えません..
あきちゃんと同じ右前足が曲がったままでした。その事もあってあきちゃんと同じ発育不全かな..そう思いながら強制給餌
をしたり様子を見ていました。
そして11月に入り2日から嘔吐と下痢が止まらず動物病院で診察をしてもらうと、
コウ虫という寄生虫が発見されました。
駆虫剤を飲ませ、点滴もしてもらい
様子を見ることになりました。
元気ちゃんも一緒いたので念のため駆虫剤を飲ませることになりました。
こつぶちゃんは..
次の日にはご飯を食べれるようになり一安心と思いきや、次の日にはまた下痢と嘔吐をし出しました。掛かり付けの病院はお休みなので..
休みの日に夜診をしている病院を探し
点滴と抗生物質の注射をしてもらったのですが..立ち上がることも出来ない位衰弱していました。そして私が見守るなか僅か3ヶ月足らずの短い猫生に幕を閉じました..穏やかに凄く穏やかに優しいお顔をして逝ってしまいました..

私が引き取る猫は引き取り先がない子、障害がある子、凶暴な子、そんな子達だからこそ長く長く生きてほしい..そう思って引き取るのだけど..
なすすべがなく、ただ見守るだけで終わってしまう..引き取っても僅か1ヶ月足らずで亡くなる子もいます。
ゴメンね..と言う気持ちと長生きさせてあげれなかった後悔しか残りません..もう一人では無理だから..そう自分に言い聞かせて活動を辞めてしまう..
楽な選択です。だけど自分を奮い立たせてまだまだ頑張っていこう!
悲しい気持ちは奥にしまって!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://momomama1123.blog.fc2.com/tb.php/114-ff801b38