口内炎が酷くて痛くて食べれなかった一歩くん。
抜歯手術をしてもらいました。
2~3日は顔も腫れて痛みもある子もいるので念のため食道チューブも入れてもらいました。
痩せてしまった分少し太らないと
そしてまた食べれるようになりますように!

また元気な一歩くんに戻りますように!
スポンサーサイト
ポチを引き取ったとき、獣医さんからは(下半身麻痺の子は必ず膀胱炎になるから気をつけて)
そう言われながらも何とか病院にかかることなく五年余り無事に過ごしていました。
25日夜、いつものように圧迫排尿するけれど
おしっこが出ませんでした。
翌朝も圧迫排尿するけれどおしっこが出ません..
膀胱はパンパンなのに..
少しだけ血尿がでました。

膀胱炎だ!

獣医さんに診てもらって圧迫してもやはりおしっこが出ません..
尿道から管を入れて出そうにも引っ掛かって奥まで入りません..
結石で詰まってしまっていました..
何とか管が通り注射器ですいとると赤いおしっこがバケツに半分たまりました。
(いまならまだ砂のような感じだから抗生物質と療養食でおしっこと一緒に流れるかもしれない。手術するかお薬で様子をみるか)

お薬で様子を見ることにしました。
何とか治りますように..
21日楓ちゃんが亡くなりました。
エイズもすでに発症していた子
エイズと口内炎はセットみたいなもので
食べれなくて痩せ細っていく姿に
延命治療して少しでも長く生きれるように
することしか出来ません。

うちに来て少しは幸せでしたか?
看取り覚悟の保護でも
やはりなにもしてやれなくて亡くなるのは無念です。
保護してから一年
月に一度テンカンを起こしていたけてど
ここ3ヶ月ほど落ち着いていました。
治った~のもつかの間
22日、会社からかえってすぐ
ばたっと小雪が倒れました


テンカンの時、身体に力が入るので
ウンチもおしっこもオムツから漏れてしまします。
近寄って手でも噛まれたら骨折するでしょう..
舌を噛まないようにだけ注意しながら落ち着くのを待ちます。
他の子達も異様な雰囲気を察知して鳴き声が凄いです。
ただ落ち着くのを見守るしかありません。
テンカンの後は疲れてぐっすり眠ります..
保健所から保護した楓ちゃんはエイズと白血病陽性でした。
引き取り先はほぼ見つかりません..
他の子にも唾液や鼻水で移ると言われています..
隔離しないといけません..
発症していると思われた楓ちゃんは
看取り覚悟で引き取らないといけません。
すべて覚悟での上で!

半年前から口内炎も酷くなりました。
ステロイドを注射してなんとか自分で食べれるようになったけれど..
数日前からまた痛みが戻ってきました。
鼻水もヨダレも貧血も酷くなりました..
覚悟はしていたけれど..
今回は貧血があるのでステロイドよりも
化膿止めの抗生物質の注射で様子を見てダメならステロイドに変えることになりました。
獣医さんには(厳しいね..)
と言われました。
どうか効きますように!
神様どうか長生きできますように!
もう少しだけ..

エイズと白血病の看取りは辛いです..
口内炎も発症するので痛くて食べれなくなります。ガリガリに痩せてくのを見ているだけで
何もしてやれません..
点滴しかしてやれません..
覚悟の上の保護なのに..
何もしてやれません..
いい子なのに..
何もしてやれません..
ちびっこ四匹はすくすく育っています!
眼も開いてきてすごくかわいくなっていました!
事故に遭い顔面損傷だった一歩くん。
顎の骨を骨折して顔も歪んでいます。
保健所では食道チューブをして胃に流していました。
我が家に来てからも食道チューブから流動食を流していたけれど、やはり自分の口から食べないと!色んな獣医さんに相談して、AD缶をお湯で溶かして位置を教えてあげたら自分で食べれるようになりました!
それから五年ほどたち..
今、歯石の影響で口内炎になり痛くて食欲がなくなってしまいました..
痛み止めと強制給餌でなんとか維持はできているけど..
歯石は柔らかいものしか食べてなかったせいです。獣医さんからもこんな酷い歯石が溜まっているのは見たことがないと言われました。
お水も自分で飲めない一歩くん。
もっと歯のことを気遣うべきでした。
歯を全部抜けば口内炎も治まってまた食べれるようになる可能性は高いです。
でも一歩くんの場合、事故で頭を打っている可能性があるので麻酔後、もしかしたらテンカンをおこすリスクもあるそうです。
そうなるとずっとテンカンのお薬を飲ませていかないといけません
まだ若い一歩くん。
リスクがあっても抜歯しようと思います!
長い先のことを考えて!
第二日曜日は近くのグループホームでのドッグセラピー活動です。
いつもはトイプードルのさくらとラテちゃん
を連れていくんですが、さくらは手術してまだ二週間なのでお休みしてセラピー犬候補生のめじなちゃんを連れていきました!
めじなちゃんにとって初めての訪問活動です。
パワフルで落ち着きが無いので私も心配でした。
セラピー犬は落ち着きがあって他の犬にも興味を示さなく、どこを触られても怒ることなく、
脚や尻尾を踏まれても怒ることなく吠えない事が出来る子が向いています。
なかなか出来ることでは無いかも知れません。でも犬は柔軟性があるのでめじなちゃんも
ちゃんと応えてくれました!
施設の職員さんにもめじなちゃんの事を伝えていて、(いつ来るの~)と言われていました!
施設に着くと少しソワソワしていましたが、
直ぐに状況判断が出来た様子で吠えることなく
尻尾フリフリでラテちゃんやさくらと同じようにお仕事をこなしてくれました!


桃ちゃんが亡くなって以来の大型犬です。
入居者さんも怖がらず(可愛い~大人しいね~お利口さんね~)と言われました。
私もホッとしました!
めじなちゃんもセラピー犬としてお仕事出来そうです!
ありがとーめじなちゃん
頑張ってめじなちゃん!
生まれて8日目の朝、まだ眼も開いていない小さな小さな赤ちゃんは天国に旅立ちました..
亡くなる二時間前までこの子は生きようという意識があったと思います。
最後まで生きよう!生きなきゃ!シリンジを口に入れるとミルクを飲んでくれました。
ゆっくりゆっくり僅かずつだけど飲んでくれました。
もう力が入らない身体でも私の手のひらで
小さく鳴いてくれました。
今まで色んな子猫を育てて来て、育たなかった子猫も居たけれどこの子ほど生命力を感じた子は居ませんでした。うまく育っても障害が残ると思われた子猫に(母ちゃんは身体が不自由になってもちゃんと面倒見るからね。生きやなあかんねんで)そう言いました。
亡くなるといつも後悔ばかりです。
これでよかったのか..他の方法はなかったのか..


天国にいるみんな!
まだ眼も開いていない小さな小さな天使が二匹そっちに行ったから面倒みてあげてくださいね
痛みも苦しみも無い穏やかな天国で
みんな待っていてね


チビ猫ちゃんはお母さんのおっぱいを吸う力が弱くて衰弱していきそうなので、お母さんから離して人口飼育にしました。
平日は一緒に出勤です。
飲む力も弱いので口からチューブを通して胃にミルクを流そうと思っていましたが、リシンジ
を口に入れると吸ってくれます。
ダケドもう頭を持ち上げる力も歩く力も有りません..身体全体に力がありません..
喉を詰まらせないように首を伸ばすように持ち上げてミルクがスムーズに喉に流れるようにします。子猫には生きたい!という感情が残っています!ゆっくりどけどしっかり飲んでくれます!お昼は5ml夜は7.5ml飲めました!

寝たきりで意識もあまりなりような感じですが
シリンジを口に含ませると吸おうとする意識があり舌をチューチューしてくれます!
神様しっかり育ちますように!
2017.02.07 子猫の成長
子猫が生まれて5日目
五匹の兄弟達の中でも発育の違いが見受けられます。亡くなった黒猫ちゃんの次にちいさかった三毛サビちゃん
後の四匹は140㌘ほどあるのに
三毛サビちゃんは95㌘しかありません..
皆より一回り小さいのです。
お母さんは皆と一緒におちちも飲ませてグルーミングもしてくれています。
お乳を飲む力が弱くてしっかり飲めないのかな..
1日10㌘ずつ増えていかないといけないので
毎日の計量は大事です!
早急に対処しないといけないと思ったので人工ミルクプラスお母さんのお乳にしました。

幸いミルクを飲ましたあとお母さんの元に戻すとちゃんとグルーミングしてくれます。

ミルクをシリンジで飲ませるのも慣れていないと大変です。
何年ぶりだろう~乳飲み子を育てるのは!
飲ませる姿勢に気を付けないと肺に入ったら亡くなってしまいます。
小さいので少しずつ少しずつ無理をさせないように飲ませます。
お腹一杯になるとすぐに寝てしまいます。
可愛い天使たちです。
無事に育ちますように!
保護猫さんが妊娠していることに気付いたのが三週間前のことでした。
それから三週間後、獣医さんの予想通り一月の最終週2月2日無事出産しました。
準備ばんたん!夜中から朝方に出産が多いのですべて整えてサポート出来るようにしていたのに..我が家は私が会社で留守の間が静かなようで
帰ったら六匹無事に生まれていました!
誰にも教わらず羊膜を取ってへその緒を切って胎盤も食べて綺麗になっていました。
本能って凄いな!

一番小さな黒猫ちゃん!この子がとても心配でした。野良猫さんの場合沢山生んでも育たない子は亡くなってしまいます。本能でわかるんです。でも家で出産した子は皆育つものだと思っていました。二日後の夕方この子はお母さんのお腹ではなく背中に居ました..
お母さんは育たないと見切ってしまったようでした。人口飼育に変えてたけれど..遅かったのです。数時間後亡くなってしました..もう1日早く機転を利かせていれば..早く人口飼育にしていればもしかしたら生きれたかも知れません..

手のひらにも満たない小さな身体です。
まだ眼も耳も開いていません..
生まれてたった2日..二日間お母さんの温もりを感じてくれたかな..


1ヶ月過ぎるまではまだまだ気が抜けません
もう誰も死なせないぞ!
この世に生まれてきた命だから!

これから子猫が生まれるシーズンです。
野良猫のお母さんは必死です。
生んで守って自分のご飯も食べないとお乳もやれません。
子育てしているうちのお母さん猫を見てそう思いました。沢山食べないとお乳も出ません。
どれだけ必死なのかわかりました。
安全に産める場所も探さないといけません。
だから避妊去勢は大事です!
でもお母さんと子猫を見かけても邪険にしないで下さい。保護してあげてください!
人間が助けてあげないと生きていけません
2月は節分なので鬼さんの被り物!

鬼は外!福は内!
写真を見て喜んでもらえるかな?
めじなちゃんを気にかけてくださっている遠く離れたご家族に!
うちの子みんなに福が来ますように!