我が家に来て4ヶ月
テンカンも毎月一度起こります。
そして老化がだんだん激しくなり、自分からご飯が食べれなくなりました..
どうもご飯の位置が判らなくなっているようです。二日間ほとんど何も食べなくて..
食欲が落ちたら小雪の大好きな食パンをあげるとしっかり食べてくれるのに..
食パンも食べなくなりました..
衰弱してしまうので強制給餌に切り替えて
流動食をチューブで流すことにしました、

神経質な小雪は身体を固定させたり触れられるのが苦手です。余りなぜてもらってなかったのかな..嫌がっても嫌われてもしっかり食べさせないと!脇腹に小雪の首元を挟んで犬歯の間から流動食を流します。
また楽しい老犬介護が出来ます!
小雪が長生き出来るように!

老犬でこんなに可愛らしいお顔の小雪を
捨てるなんて..!
最後まで看取るのが飼い主の役目なのに!
スポンサーサイト
2016.04.26 お供え
ドックセラピーのボランティアに行った帰りに、(桃ちゃんにお供えしてあげて)とフードを頂きました。

(長い間ありがとう♪)メッセージも添えて

この施設にボランティアに伺うことになったきっかけは桃ちゃんです。
セラピー犬の試験を受けるためにトレーナーさんの元に学びに行ったとき、この施設は元々トレーナーさんがドックセラピーに来ていた場所だったんだけれど忙しくて来れなくなったので
私に代わりに行ってくれないかと相談をうけたのでした。ピンクのカバンを口で加えてピンクの洋服を来て訪問する桃ちゃんはとても可愛がられました。桃ちゃんが頑張ってくれたから
噂を呼んであちこちの施設からもお声がかかるようになりました。全て桃の頑張りでした。
桃が頑張ってくれたから、感謝状を頂いたり、亡くなってからもお供えを頂いたり思い出話をしてくれたり、全て桃の人徳..犬徳だと思います。
三回の大きな手術や二種類の癌
辛いのに入院していても尻尾を振って皆に愛嬌を振り撒いて、最後の最後まで辛いしんどい姿を私にも見せず寝たきりになったのも亡くなる当日だけで、良い子のままで逝きました。
桃ちゃん!もうすぐ居なくなって2ヶ月です。
まだまだ辛いです。
桃ちゃんとの八年間は(可愛いね~賢いね~どうしたらこんなに賢くなるの?)桃ちゃんとのお出掛けはほめられてばかりでした。
周りをほっこりさせてくれた桃ちゃん
あなたの生きざまはすごいな!
あなたの最期も素晴らしかった。
私も病気になって死ぬとき辛い姿を見せずに逝けるだろうか..良い印象のままで逝けるだろうか..
桃ちゃん!お母さんの大好きな桃ちゃん!
いつも桃に言ってた言葉
お母さんの大好きな大好きな桃ちゃん!
お母さんが天国に行ったとき
皆で出迎えてくださいね
その時また会えるのを楽しみにしています。
お母さんの大好きな大好きな桃ちゃん!
動物病院で一週間預かって頂いて、腸を押し込んで戻したんだけど、また戻ってしまうので
結局お腹を開いて腸を切る手術となりました。
そして回虫も居たので虫下しと(去勢も一緒にしといたよ~)と獣医さん!
費用はと言うと..
(去勢手術代だけでいいよー)
うちは野良猫価格なので超安価で手術してくださっています!
ホントにありがたいです!
そして土曜日の朝、地域猫として放そうとケージを覗いたら..また腸が出てるでは有りませんか..
直ぐに病院に連れていきました!
脱腸になっていた期間が長すぎてお腹のなかで腸の位置がもう決まってしまったのと、肛門も広がってしまった事が原因かな..
火曜日あたりに腸を切る手術をするそうです。
でもまた腸が出てくる可能性もあるそうです。
元気になってもこのままうちの子にしようかな..
離した後で脱腸になったらまた可哀想なので..
お外で自由になりたいか..
家の子になりたいか..
お話出来たらいいのに..

3日間入院のシャム太郎が土曜日一時退院いました。
レントゲン、エコー、バリウム検査、血液検査
出来る範囲での検査してもなぜ腸の外側でガスが溜まるのかわからないんです。
先生も経験が無いそうです。
開腹手術もする予定だったけれど麻酔中に亡くなってしまう可能性が高いので踏み切れなかったそうです。抗生物質で効かなかったのでステロイドに変えて、一旦自宅に戻して月曜日に病院にまた入院のはずが
今朝亡くなりました..
夜にブドウ糖入りのお水を自ら飲んで
強制給餌を20ミリ程飲んでくれた..
それが最後となりました..
骨盤骨折していて、保健所で手術もしていただいて我が家に来たのに..
原因不明の病気を治してやることが出来ませんでした..
とっても大人しくてお利口なシャム太郎でした。苦労して保護されてせっかく我が家に来てくれたのに長生きさせてやれませんでした..

獣医さんもあらゆる検査や方法を考えてくれたけれど..原因不明でお手上げ状態になるのは飼い主にとってとても辛いです..
老人ホームから感謝状を頂きました!

感謝状を頂けるのも最初に活動してくれた亡くなった桃ちゃんとコリキのお陰です!
私宛ではなくこれは桃とコリキとさくらとラテに頂いたものです。


桃ちゃんの里親にならなければドッグセラピーのボランティアはやっていません。、桃ちゃんの様な大人しくてお利口さんな子に会わなけれドッグセラピーは出来ませんでした。
始まりは桃ちゃんが居たからです!
そして小さなトイプードルのコリキを保護して活躍してくれてそして今、活躍してくれているラテちゃん、さくらちゃんに繋がっています。
感謝状は桃とコリキに与えられたもの!
この子達がいなければ何も出来なかったのです。うちの子になってくれてありがとう♪

ドッグセラピーで活躍してくれていた子、
今活動中の子。
悲惨な生活に耐え抜いた子達です。
たくましくもあり、頼もしい仲間です!
小さい頃から一緒に居なくても、成犬になってから保護した子でも愛情があれば何でも出来るしお互いなくてはならない存在になります!
ありがとう♪桃ちゃん!コリキ!
そしてラテちゃん、さくら!


今日、ずっと気になっていた脱腸と思われる野良猫さんが捕獲機に入ってくれました!

怖い思いをさせてしまいました..
でも良かった~
今動物病院に居ます。押し込んで戻るか、戻らなければ切って手術となります。
経過を見ないといけないから2~3日入院だそうです..
がんばれ~野良猫さん!
私にだけ敵意むき出しのちゃー坊
我が家に来て8か月
まだまだ私の事が大嫌いのようです..
この間私の不注意で耳を噛まれました..

そして今日も私の不注意で手を噛まれました..

もう5回くらい噛まれたでしょうか
でもちゃー坊を怖いとか、もう飼うのは無理とか一度も思った事が有りません。
強がりでも何でもなく、この子がどうしてこうなってしまったのかそれが知りたいな..
何年かかっても、何度噛まれてもこの子がこんな風になった理由が知りたいな..
2016.04.04 朝ドラ終了
猫の元気が二回出演させて頂いた
朝ドラが先週土曜日に最終回を迎えました。
うちの猫が出ていた事もあり毎日録画してずっと見ていました。

元気のお陰でドラマの撮影現場を見れたこと。
セットの中に入れたこと。
俳優さんと同じ場所で出待ち出来たこと。
すぐ隣に主役の俳優さんが居たこと。
後から知った事だけど猫アレルギーで触るのも苦手だったそうだけど、抱っこしてあんなに優しいお顔が出来るってやはり役者さんて凄い!
元気のお陰で貴重な経験をさせてもらいました!
(思い通りにならない日は明日頑張ろう)
大好きな歌詞です!
老犬の小雪ちゃん
骨盤の上辺りが腫れてきました

脂肪腫だそうです。このまま経過観察で
大きくなるようであれば切除手術になるそうです。老犬なので出来れば麻酔は避けたいな..
大きくならないように..

そして猫のシャム太郎

お腹が風船みたいに膨らんで
食欲も無くなってきました。
エコーでは空気をたくさん吸い込んでいるような感じでした。レントゲンではそのせいで腎臓の位置も上に上がりすぎていたのと、普通腸に空気がたまって腫れているのに、シャム太郎は腸の外側に空気がたまっていて極めて希なケースだそうです..腫瘍や腹膜炎だと水がたまっているのだけれど、空気だとお腹のなかでバイ菌によって何らかのガスが発生してるのかも..開腹して見ないとわからないそうです..抗生物質で2~3日様子を見て良くならなければステロイドそれでも駄目なら開腹手術をして細胞を病理検査に出すそうです。

(何で大変な子ばかり引き取るの..?)
先生に言われました。
でも引き取るときにはわからないんです。
暫くしたら悪くなる..
引き取るときにわかったとしても
引き取りますけど!
多分自然に家に来ることになってるんだ!
動物病院も近いし!ほぼ毎日行くときもあるし!きっと必然なんだ!

そしてもう一匹
近所の野良猫さん
お尻から腸が出ています。
獣医さんに相談すみですが捕獲機に中々入ってくれません。もちろん人にもなつきません。
餌付けも考えたけれど時間がかかるので
可愛そうだけど捕獲機でがんばります!
早くしないと死んでしまう可能性もあるそうです。今週土曜日にもう一度捕獲機 を設置します!
下半身麻痺で立てないけれど、足の感覚がありバタバタ動かす事が出来るサスケくん。
それが良くもあり悪くもあるサスケくん。
足が擦れて血だらけになってしまいます..
テーピングをしていたけれど取り替えるときに
毛も一緒に抜けてしまうので何か良いものがあれば..
そうだ!赤ちゃん用の靴下!
100均でも売ってるし洗えるし!


これで傷が保護できたらな~
試行錯誤です!
2016.04.01 亀くんの死
この夏で我が家に来て20年
20歳の亀くんが亡くなりました..
飼育下では20年~30年の寿命だそうです。
玄関で自由に動き回っていた亀くん
どうやって和室に上がり込んだのか..
20センチほどの段をどうやって登ったのか..
靴箱の二段目にもどうやって登ったのか..
ホントにホントに不思議な亀くんでした。
さみしいな..
亡骸はお庭に埋めようと思います。
20年間ありがとう♪亀くん
保護当初歩けなくて保健所で手術して頂いたお陰で歩けるようになりました。
良く頑張りました!

少し怖がりさんです。

この子は持ち込みだったそうです..
人間嫌いで威嚇が激しい子です
他の保健所だったら処分になっていてもおかしくない子です。職員さんはなんとか慣れるように二ヶ月近く頑張ったそうですが、人間不振は直らなかったそうです。

みんな寿命が来るまで一緒やで~