20日、本来なら三週間に一度の抗がん剤投与の日でした。でも当日の朝39℃の熱があり、病院で測っても同じだったので見送りになり、
熱がさがるまっで入院治療になりました。
3日間の入院で体調は良くなったけれど
食欲が戻りません..
微熱も続いて息もハーハーしています..
でも耳の聞こえない寝ている桃に手招きをすると私のもとに寄ってきてくれます。強制給餌も嫌がらず飲み込んでくれます。
嫌なことを我慢して..
そして今日..
検診の日です。
調子の悪い桃
朝預けてあらゆる検査をしてもらいます。
お昼に病院から電話があり
3日前の血液検査より、かなり数値がわるくなっていて、血栓も出来やすくなっているそうです。血栓が出来ると多臓器不全で亡くなってしまいます。血栓を出来にくくするお薬を注射して心臓のエコーも見てもらってるそうですが、お別れの時間が少しずつ近づいているので覚悟していてください!そう言われました。
神様!どうか奇跡が起きますように!
まだまだ覚悟は出来ません!桃とのお別れはまだしたくありません!奇跡が起きますように
スポンサーサイト
2016.02.23 カタログ撮影
某犬猫用品の通販カタログの撮影に行ってきました。モデルさんは..
健ちゃん

シャム太郎

先日時代劇に出演させてもらったハスキーくん

使われるかな..使われないかな..
夏までのお楽しみです。
ハスキーはベテランさんなので、でん!と構えて物怖じしません。
シャム太郎と健ちゃんはびっくり!で
向いてないかな..
なれてくれるといいな..

カメラマンさんとの話のなかで
カメラマンさん(急に猫ブームになったよね)
私(ちゃんと飼ってくれるといいんですが..)
カメラマンさん(落ち着いたらきっと保健所が大変な事になるよ)
カメラマンさんも保健所から引き取った猫ちゃんと震災猫ちゃんを引き取ったそうで(お金出して買わなくても保健所からの子でいいんだよ)
そう言われてました!全くもってその通り!
テレビでも猫ブームで取り上げられています。
でも費用が犬ほどかからないとか、散歩がいらないとか、あまり世話がかからないとか..
メリットばかり!デメリットは言わない!
猫も病気にもなるしワクチンも毎年接種するし
甘えん坊だから側に居てやらないといけません!それに爪研ぎするから柱やクロスや襖、障子がボロボロになります!カーテンだってよじ登るし棚の上にも登って物を落とすし!
イタズラします!
口内炎になったらご飯が食べれなくなるほど痛くなるし癌にだってなるし、腎臓病も結石にもらるし!治療費も沢山かかる場合があります!
ただ可愛いからって、散歩が要らないからって安易な考えで飼わないで欲しいな!

かーちゃんが傍に居るとき


お父ちゃんが傍に居るとき

何でこうも違うんだ!
6年くらい前だったかな..
ネットに載っていたある保健所の犬猫保護情報
その時
四足とも麻痺と書かれていた子がいました。
(こんな子誰も引き取り手がないよな~)
そう思っているとどんどん気になりはじめて
思いきって保健所に電話したのがきっかけでした。他府県だったけれど引き取りに行けば譲渡可能だと言われはるばる飛行機にのって行きました!
成猫で威嚇が酷く分厚い手袋を貸してもらって触っていました。この子に会えた時には麻痺は治っていて歩けるようになっていたけれど、威嚇が酷い子は引き取りが難しいです。
なんとか馴れるかな..不安も抱えながら
引き取りました!
(この子の他に引き取り手がない子はいますか?)
まだ子猫で前足を骨折してぶらぶらだったこ子
そしてトリモチにくっついたと思われる半身ズルムケの子猫
三匹引き取って帰りました!
威嚇の酷い子はゲン君
骨折した子猫は小次郎

小次郎君は先月先に亡くなりました..
トリモチの子猫は太郎

あのときゲンをみなければ今の保護活動はなかったかも..
成猫だったゲン
老衰で亡くなりました..
少しずつでもウエットを食べてくれて
頑張って居ましたが、とうとう食べれなくなって2日..
とうとう力尽きました。

あんなに威嚇の激しかった子でも成猫でも馴れます!甘えて来ます!
どんなに威嚇が激しい猫でも信頼関係が出来たら信用してくれることをゲンが証明してくれました!だから私が保護する犬猫は威嚇があっても平気なんです!
13才の小鉄くん。
様子がおかしくなりました..
急に大声で鳴いたり
ぐるぐる回ったり
狭いところに入ったり
脳腫瘍..
そんな嫌なことを考えながら
診察してもらいました。
甲状腺の異常でもこんな症状になるそうでとりあえず血液検査で甲状腺炎異常がないか検査機関に出してもらいました。
甲状腺の異常だとお薬で治るそうです!
違ったらその時考えよう..

3日後..
検査の結果は
甲状腺の腫瘍でした。
でも転移することはないと言われていて、
お薬を毎日飲んで2~3年くらい生きられるそうです。
15才以上の猫に多いそうです。

頑張れ!子鉄

桃ちゃんの掛かり付けの病院から桃ちゃんへベッドをプレゼント!

嬉しかった!
抗がん剤が効いていると思われ、悪性リンパ腫と血管肉腫と診断されてから2ヶ月..
食事は偏食になり、美味しいものしか食べなくなったけれど、体重は落ちることなく
普通と変わらない生活を送れています!

美味しいフードを探すのが大変だけれど
元気で居てくれるのが何よりです!
桃ちゃんは得なワンコです。
高度医療に入院していてもドッグセラピーで一緒の看護師さんが居るし、今の病院もドッグセラピーで一緒の看護師さんやその動物病院で飼われいるセラピー犬のまめちゃんが居ます。
入院中は私が居なくても桃ちゃんの知っている人やまめちゃんが側に居てくれるから安心です!人に尽くした分今、桃ちゃんに返ってきていると思います!
2016.02.14 猫の運動会!
我が家は2階にフリーの猫ちゃん部屋
1階は管理が必要な猫ちゃん部屋が有ります。
1階の猫ちゃんは食事や便の管理をするのでケージに居ます。
朝晩ケージの掃除をするときはフリーの時間!
子猫ちゃんたちは大運動会!

あきちゃんの残したご飯を横取り~
副作用の嘔吐と下痢はあったものの、
血液検査の結果は少し標準値は下がっているものの、順調に過ごせています!
今まで癌で亡くなった子達はみんな癌と宣告されてから1ヶ月~2ヶ月程で亡くなっていました..日に日に体力が無くなって食べれなくなって..亡くなっていきました。
桃が癌とわかって約2ヶ月
今も健康な子とほとんど変わらない生活を送れています!抗がん剤が上手く効いているんだと思います。

抗がん剤投与して10日目あたり
白血球が下がります..
また2日ほど食欲が落ちてしまいます。
頑張れ!桃ちゃん!
先週土曜日に抗がん剤投与して月曜日の朝から嘔吐と下痢になりました。
幸い発熱はありません。
桃ちゃんもお腹は空いているけれど食べれないようです..
代わってやれるものなら代わってやりたい!
私には見守りしかできません。
獣医さんに電話で症状を伝え何かあれば夜間救急に行くことにしました。
嘔吐は朝だけで、お昼に顔を見に帰ったけれど下痢も嘔吐もありませんでした。
玄関の鍵を開けると(ワンワン!)桃の鳴き声も聞こえました!その声で安心します!
しっぽを振って甘えてくれると安心します!
人間でも抗がん剤の副作用は辛いと思います。
人間だったら誰かに愚痴ったり弱音を吐いたりすると思います。
桃ちゃんも辛かったら私に噛みついたり、怒ったりしてもいいのに、動物はただ耐えてい
ます。しんどくてもしっぽを振ってくれます。
耳がほとんど聞こえない桃は
寝ていても私が手招きすると起き上がって
寄ってきます!お薬と検温の時間だってわかっているのに..
人間だったら
もう構わないで!
ほっといて!
って言うと思うのに..