大阪市にあるネオベッツVRセンター、動物達の高度医療センターです。

桃ちゃんは4年前にここの先生に命を二度も救われました。
4年前、右耳から喉にかけて腫瘤が出来き呼吸も
大変な状態でした。どこの病院に行っても手術は出来ない、このままでは喉が圧迫されて呼吸困難になります。安楽死も考えてください。
三軒とも同じ事を言われました..諦め切れない私はドッグセラピーでお世話になっている先生の元に行って、この病院の先生を紹介して頂きました。喉にかけて神経が沢山通っているので
手術出来ないという先生も間違ってはいないよ。だけど僕は手術します!そう言ってくださいました。リスクは神経を誤って切ってしまった場合、顔面麻痺が残ります。
色んなお話を聞かせて頂いて、手術をお願いすることにしました!6時間も掛かった手術で麻酔の時のチューブも通りにくい程喉が圧迫されていたそうです。お陰で元気になりました!セラピー犬も復帰出来ました!
二回目は腸重積でした。
喉の手術以降、半年に一度CTを撮って経過を見てくださってます。その時少し調子が悪く、先生にも伝えてCTを撮って、腸重積とわかり、緊急手術となりました..腫瘍がありましたが転移はしていませんでした。
桃ちゃんは二回も命拾いをしました。
7年前保護された桃ちゃんは体重わずか8キロの骨と皮の状態でした..後一週間レスキューが遅れてたら死んでいたでしょう..
とてもとてもラッキーな桃ちゃんです。
推定11才、セラピー犬も引退させました。
後はゆっくりゆっくり過ごして行こうね
桃ちゃんには沢山の獣医さんがついてるから!
スポンサーサイト
別れは突然やって来ました..

愛ちゃん

右端の黒い子です。
1ヶ月前は何も変わらなく、普通に過ごせていました。

小さめの女の子。昨年の6月に兄弟二匹で保護しました。二匹で暴れまくって、それはそれは元気な男女でした。ここのところ痩せ方が普通ではなく、鼻水と目やにも酷くなり、抗生剤と目薬で様子を見てたけど、普通じゃないな..
腸炎と腹膜炎の疑いがあると言われ、今日、明日の命かもしれない..
(何か出来ることはありますか?)
ステロイド注射と点滴をして貰いました。
気休めかも知れない..だけど何もしないよりは少しの可能性にかけたかったのです。
その夜愛ちゃんは亡くなりました..
せめてもの救いは苦しまず眠るように亡くなったことでした..

愛ちゃんが土曜日に亡くなり
サンボの具合も日曜日の夕方から悪くなりました..
朝は普通にご飯の催促を私にしていました。

サンボ!今日も元気でよかったね!
いつもの挨拶です。
だけど今日はお昼は横になったままで..
夕方には体に力が入っていませんでした..
サンボをケージから出して、抱き上げて
(サンボ!生きやなあかん!しっかりしい)
そう言うとサンボは小さな声で(ニャー)と鳴きました。
(サンボ!病気に負けたらあかん)
サンボはまた(ニャー)と答えました。
(サンボ!元気やったやん?しんどいのに我慢してた?我慢できひんようになった?)
サンボはまた(ニャー)と鳴きました。
(サンボ!お母さんに迷惑かけてると思ってるんやろ。お母さんはサンボの世話をしんどいと思ったことないよ。サンボがお母さんの元から居なくなるのがいやや)
(サンボ!しっかりしなさい)
サンボに言い聞かせました。

サンボの調子が悪くなった時、二軒の動物病院に診ていただいて、同じ事を言われました。食道拡張症で長くは生きれません。
二軒ともとてもお世話になっている信頼できる先生です。食道の広がり方も異常だったそうで、食道チューブも胃ろうチューブも勧められませんでした。
そして強制給餌にも限界があり、近くの獣医さんにおねがいしました。
(このまま衰弱するのを見てるより食道チューブを入れてもらえませんか?)
あまり効果が得られないかもしれないのを承知でお願いしました。
先生のご好意で手術費用は要らないと言って頂きました。余命僅かなサンボに先生の出来ることをしてくださいました。ありがたかったです。

1日3~4時間置きに高栄養パウダーを15cc流し込みます。サンボにはこの量が限界です。そのあと少し立たせて嘔吐しないように気を付けます。この10日間元気に動き回れる日もあれば
1日じっと寝てるだけの時もありました。だけと食道チューブを選択して間違いはなかったと思えました。まだまだ細く長く続いていけると思っていました。
サンボのお部屋はケアが必要な子達ばかりがいます。(サンボ!ここにいる子は皆生きるか死ぬかの状態の中で頑張ってきた子達なんだからサンボもがんばれ!サンボもがんばれ!お母さんを置いていったらあかん!サンボの事大好きやから!サンボのお世話毎日楽しいから!)
サンボは5~6回大きな息をしてそれから動かなくなりました..遠い所に行ってしまいました。
サンボも愛ちゃんも生まれてから僅か10か月程でした。兄弟達はみんな大きく育って元気なのに..
せめて最後だとわかっていたらお口から食べさせてやりたかった..
サンボとの最後の夜、一緒に寝ました。
そして朝方横で寝ているサンボが起きて歩いてる夢を見ました。一瞬夢か現実か分からず
生き返った!そう思ってしまいました。

私が保護する犬猫は誰も引き取り手がない子達です。最後の最後に我が家にやって来ます。
保護して直ぐ亡くなる子もいます。正直きついです。辛いけど辞めようとは思いません。
保健所の職員さん達も必死で頑張っています。
怪我している子も慣れてない子もなんとか頑張ってケアしています。だから私も保護された子を死なせたくないのです。

サンボと愛ちゃんは動物霊園で火葬してもらいました。平日は仕事があるので昼間に行けません。いつも仕事が終わってから7時頃まで待っていてもらっています。有りがたいです。


左手には小さな数珠がはめられました。

今度生まれて来るときは健康でまたお母さんの所に来てね!
ありがとうね!会えて嬉しかった。
お世話出来て嬉しかった。楽しかった。
また会おうね♪
サンボ!愛ちゃん!
16年前の10月、餌場に突然現れた小さな猫。
目やにと鼻水にまみれた顔でまだ2~3か月位でした。このままではいつか死んでしまうなぁ..
そう思った私はそのまま車に乗せて連れて帰りました。大人しい子でした。



一昨年から腎臓病を患って栄養の吸収も悪くなり、痩せ細った体でしたが、食欲が落ちることもなく、私を困らせることなく逝ってしまいました。亡くなるお昼までは何時もと変わらない様子で僅かながらご飯も食べていました。
それから夕方になって寝床から起き上がれなくなり、夜中に息を引き取りました..
苦しまず、眠ったまま天使になりました。
小梅ちゃん!しんどい姿を見せずに我慢してた?
小梅ちゃん!会えてよかった!ありがとうね!

小梅の左手に小さな数珠がはめられました。
また会おうね♪小梅ちゃん
食欲が無くなり、強制給餌にも無理があり、ストレスになるし充分な量を与えることが出来ません。
このままでは衰弱してやがて亡くなってしまうのでは..
不安になった私は先生に無理を言って食道チューブを着けてもらいました。
与えすぎると逆流するからと先生は勧めなかったのですが吐かない量は大体分かるようになりました。ゆっくり注入して、後は少し立たせて胃に流し込み逆流してこないように注意すれば大丈夫だと思います!
なんとか維持してくれたら..このままでは体重が減っていくばかりなので..
平日は仕事があるの
で19時、22時、1時、5時、8時、約3~4時間おきに高栄養パウダーをお湯に溶いて流し込みます。一度に入れれる量は15mlです。後はチューブ内を洗浄するのに3ml程ぬるま湯を注入します。ストレスは無くなったけどやはり元気になって自分の口から食べれるようになりますように!サンボには100mlの流動食が必要です。
足りないけれど頑張って生きて!


首に巻き付いたチューブを触るといけないので
ストッキングを切ってカバーしました。

2015.02.15 サンボの退院
入退院を繰り返すサンボ..
1日入院しましたが、食道炎の影響で病院でも嘔吐に血が混じってました。
今は強制給餌をするしかなく、
ad缶より高栄養パウダーのほうが与えやすいので子猫を育てる時のように2~3時間おきに
強制給餌をすることにしました。
与えた量をメモして、嘔吐しないようにゆっくり与えて、与えた後は少し立たせて逆流を防いで!一回に10mlが限界なのです..
サンボは1キロほどなので100mlは飲ませないといけません..だけど今は50mlが限界です..
焦らずサンボのペースに合わせて..
2015.02.14 サンボ入院..
昨日、帰宅して直ぐサンボのケージに行くと、途端に嘔吐しました..
朝はad缶をお湯で溶かしてシリンジで少しだけ強制給餌しました。吐かずにいけたのに..

嘔吐の中にゼリー状の血が混じっていたので直ぐ病院に行きました。即入院して先生が様子を見てくれることになりました。
食べる量が少ないのでどんどん痩せていくサンボを見ていられなくなり、先生に(体力が付くまで食道チューブにしてもらえませんか)
そう言いました。先生も同じ事を考えてくれていたらしく..でもサンボの食道は普通だと少し狭まっていないといけない所、広がったままなので、胃の中に沢山食べ物が入ると戻ってくる可能性があり、危険なので出来ないそうなんです..
私が1日家に入れば何回も分けて強制給餌出来るのに..
みんなのご飯代を稼がないと..
こんなときはとても辛いです..
出来るだけの事をちゃんとしてやれない..
充分なケアをしてやれない..
いつも獣医さんにお願いしてばかりです。
サンボ!ゴメンね
食欲が安定しないサンボくん。
もう一度レントゲンとバリウム検査をしました。
そして、レントゲンでは胃に何か異物があるように写っていました。それが原因でバリウムが胃から先に通りませんでした。異物を飲み込むことは考えられません。1日入院して内視鏡の検査となりました。

胃に詰まってたのは異物ではなく、胃が途中で閉塞していました..内視鏡で広げて頂いて
とりあえずサンボも楽になったのかご飯を食べれるようになりました!
でも胃の通りが良い流動食しか食べれなくなりました
繰り返す可能性があるらしいので、また嘔吐したら即病院です。
食欲はまだまだ安定しないので少ない時は強制給餌しながら経過観察です。
がんばれ!サンボ~

2015.02.09 サンボのご飯
出来るだけ立たせて食べさせないといけないので、台を作りました!
サンボくんはこの台が好きでは有りません..
食べにくいのか、まだしんどいのか食欲が有りません..出来るだけ通りの良い流動食にしてるのが嫌なのか..機嫌はいいのだけど..
保健所から新しい仲間がやって来ました!
目が大きな美人さんです。
なのに右目が怪我で飛び出しています..
痛々しいです。
眼球を摘出しなくてもそのまま縫えば
眼球がだんだん萎縮していく場合があります。
保健所ではその処置がなされたそうですが
上手くいかなかったようです。

眼球摘出手術を受けます
片眼になるけど痛みからは解放されると思います!がんばれ!

呼吸が楽になったサンボくん。
食欲がまだ出ないので毎日ビタミン入りの点滴をしてもらいに通っています。
(夜、食べれるようなら食べさせてみてください)
先生にそう言われ、試しにad缶を少し与えて見ました。すると完食!直ぐ立った姿勢で抱っこしたら、吐出~
肺に入ったら大変です。
大丈夫でした。呼吸がしんどくなったのでまた加湿器を置いて呼吸を整えました。
加湿器はとても良いそうです。
蒸気が上がるタイプのものを直接当ててあげても良いそうです
猫を立たせて食事をさせるのは大変です。
少しずつ少しずつ食べさせて、立たせて両手を持ってトントン弾みをつかせて胃に落とすようにするやり方を先生に教わりました。(胃ロウチューブや食道チューブは最後の最後に考えましょう!
出来るだけ口から食べた方がいいから)そう言われました。誤えんだけは注意して、頑張ります!
五匹兄弟のうち一番小さなサンボくん。
呼吸が荒くなって苦しそうです..
お熱は下がったのに食欲が無く息が荒いです。
レントゲンでは
お腹の中に空気が沢山貯まっていました。
それと..巨大食道症と診断されました。
元々食が細かったサンボ
吐いたりはしなかったので心配はしていませんでした。症状が現れたのはここ2~3日のことです。
獣医さんもビックリされていました。
あまり見ない症例だそうです。
サンボ~気付かなくてゴメンね
風邪も引いているのでインターフェロンを注射してビタミン入りの点滴をしてもらい、一つ一つ原因を取り除いたら、呼吸も普通に戻り食欲も出るだろうということでした。
しばらくは毎日病院通いです!

呼吸がまだまだ荒いので、楽になるのかは不明ですが、加湿器を買って来てケージの側に置きました。少しでも呼吸が楽になるように..
巨大食道症はなるべく立たせる姿勢でご飯を食べさせないといけません。食道から胃にちゃんと流れるようにするために..
20~30分くらいは立たせた姿勢で抱っこしてやらないといけません。
抱っこ袋を用意しないと!
猫には珍しい病気です。

巨大食道症はゴールデンレトリバーの桃ちゃんが以前発症しました。腫留が出来たことで発症したらしいです。それから今でも椅子の上にご飯を置いて食べさせています。犬はわかってくれるのだけど、猫は立たせた姿勢で食べさせるのは難しいです。

思考錯誤だけどがんばれ!サンボ~
私が諦めたらサンボにも直ぐに伝わってしまうので、諦めないよ!
サンボ!頑張って生きようね!

土曜日に去勢手術をしてもらったサンボ君。
夜は元気良かったのに
日曜日の朝から元気がありません..
お熱があるようです。

病院に行って測ったらやはりお熱がありました。注射と明日からビブラマイシン半錠と
食欲が出なかったら皮下点滴です。

がんばれ!サンボ~

良くなるまで暫く隔離です。