大福は8月に保護した下半身麻痺の子猫です。
保護当時3か月位だったでしょうか
すくすく育って、獣医さんからはこの子は大きくなるね~と言われるくらい成長しました。
二週間前に便の中に何が粒が混じっていたので
念のため検便をしてもらった所、マンソン条虫が居ることがわかりました。保護して4か月経つのに今頃マンソン条虫だなんて!
食べ物が無くてカエルなんかを食べてたんでしょうね..まだまだ子猫だったのに..
駆虫してもらい居なくなったのだけど..
そこから下痢が始まりました..
食欲増進剤も飲ませたのにあまり効果がなく、
点滴をしていました。
ケージにいれると嫌がったので夜は一緒に抱いて寝ました。そして今朝は少し熱が有るように思え、ブドウ糖入りのお水を飲ませ様子を見たけど心配で..
今日から近くの病院は休みに入ってので
少し離れた病院に連れていきました!
うちの事情も良くおわかりの獣医さんです。
熱は40℃以上有りました。
便検査は問題なかったのですが、
白血病の前兆で子猫に熱が出ることがあるそうです。保健所ではマイナスだったのだけど
子猫の時期は成長につれて変わることがあります。とりあえず点滴と抗生物質とインターフェロンを注射してまた明日また診察に行きます。
元旦は動物病院もお休みなのに特別に開けて診察していただく事になりました。
獣医さんには本当に本当に感謝です。
ただの熱だけならいいのだけれど..

スポンサーサイト
今年最後のドッグセラピー
ラテとさくら姉妹とチワワのすみれちゃん。
頑張ってくれました~
すみれちゃんは100歳になられた入居者さんのお膝の上で気持ちよかったのかうとうとしていました。


帰りに職員さん達から犬猫フードを沢山
プレゼントして頂きました。
一番有難い贈り物です。
来年もお仕事頑張ろうね!
約一週間、入院していたシャー君が帰ってきました~
食欲もあり落ち着いた様子です。
入院中もスリスリしたりご飯をねだったりすっかり獣医さん達に馴染んでしまったようです。
チューブを少し太くして、詰まらないようにして頂きました。
ですが膿の混じったどろどろしたオシッコが出たらすぐまた入院になります。
そうなったら膀胱を洗浄するそうです。
いつも獣医さんには感謝です。
シャー君はとても大変な子です。
そういう子をみているのだから
入院費用もいつも要らないと言われます。二週間毎に入院させてもらってるのに..本当に有りがたいです。私が勝手に保護してるのに..本当に有りがたいです!
年が明けて春になったら二歳になるあきちゃん!
今年の10月に保護した子猫ちゃんのほうが大きいです。
いつまでたっても一キロに満たないあきちゃん!
風邪薬が手放せないあきちゃん!
目薬も手放せないあきちゃん!
だけど頑張って頑張って沢山ご飯を食べて良く遊んで他の子と変わらない位です。
時々食欲がなくなって心配になります。高栄養パウダーを常備して
強制給餌に切り替えます。
体重管理が大事なんです。
獣医さんからは長く生きられない..と言われていますが、頑張って頑張って~
絶対に死なせないよ!

今日はグループホームでのドッグセラピー活動でした。いつものさくらとラテ姉妹に加えてすみれちゃんもお試しで一緒に連れていきました!
怖がることなく、抱っこされお天気も良かったのでお膝の上でうたた寝していました。もう少し若かったらな~
もう少し出会えるのが早かったらな~
セラピー犬に向いています!
なんでこんなに大人しくて良い子なのに
捨てられてしまうんだろう..

3ヶ月ぶりの訪問なのにラテとさくらの名前も覚えてくださってました!
犬が来るといつも部屋に閉じこもっている入居者さんも出てこられるそうです。
いつも怒ってばかりいる入居者さんも
犬が来ると笑っているそうです。
動物ってこんなに人の心を癒してくれている大切にしないと


引っ越しの時に置いていかれたようで、だんだん痩せてきているので何とか保護出来ないですか?

9月にご近所の方が訪ねて来られました。
一旦は断ったものの気になって現場に行くととても人懐こいまんぷく君に会いました。
道路の方をずっと見ていたので
危険を感じたのでそのまま保護しました。まんぷく君と付けたのはお腹一杯食べて欲しいからでした。もう野良猫じゃないよ。好きなだけお腹一杯たべれるよ。そういう意味を込めて~
そして我が家に来て3ヶ月。
ご飯を食べているにも関わらず
次第に痩せてきました。
腹膜炎の可能性があると診断され、
お薬を処方され頑張って飲んでいました。
昨日もカリカリを食べて
良いウンチも出ていたんだけど
いつもよりじっとしていて、しんどいように思いました。
ケージの中で横になって、朝方まんぷくは冷たくなっていました。
私に看取られることなく他の猫達が見守るなか亡くなってしまいました。

12月は病気の子が3匹続けて亡くなりました..正直キツいです。
なにもしてやれなくて..
後悔ばかり残ります..
なにもしてやれなくて..

2014.12.21 シャーの入院
またシャー君が入院してしまいました。
結石があり、チューブに詰まってしまって食欲が落ちてしまいます。
約一週間程入院して点滴などの処置をしてもらい、食欲が出たら退院してきます。
二週間毎に入退院を繰り返しています。
どうしたら楽にしてやれるんだろう..
何か良い方法が見つかれば良いのだけれど..
昨日の朝から食欲がない一歩くん。
急に寒くなったからかな?
でも1日中ずっと暖房のお部屋に居るのに..

一歩は全盲で臭覚も無い子だから食欲が落ちると心配です。普通の子だとお水を置いておけるのに、一歩は見えないし
顎が歪んでいるのでお水を一人では飲めません..
なので食欲がないと心配になります。
毎日のご飯もad缶にお水を加えて更に柔らかくして食べさせています。
粒が残っていると口のなかに入りにくいで食べれなくなるようです。
なので高価だけどad缶だけなんです。

今朝は高栄養パウダーをシリンジで飲ませました。水分が取れないと脱水になるので..しっかり飲んでくれました~
顎が歪んでいるので喉の奥に入れるようにしないと垂れ流してしまいます。
一歩君は世話はかかるけどでも全然平気です!
顔面を大怪我するような事故を負ったのに頑張って生きていたのだから..
保健所の職員さん達が頑張って生かしてくれたんだから!
一歩君の食欲が出るように頑張ってケアしないと!
2014.12.17 新しい仲間達
可愛い子猫ちゃん達
同じ容姿なのに姉妹ではないそうです。

よく遊びよく食べて元気な女の子です。

そして..
この子は左半身麻痺です。
オシッコは自分で出るのだけど立ち上がれないので、歩くことは出来ません。
レントゲンではどこも異常は無いのですが、頭を打って麻痺になった感じです。
威嚇しますが、触っても攻撃性はないので抱っこもできます!
経過を見て時間が経てばもしかして元に戻る場合も有るそうです。
ほのかな期待を込めて~

2014.12.16 優しい気持ち
推定16歳のボス犬ロッキー
年をとっても我が家のボス犬です。
みんな一目置いて側には近寄らなかったのに..老いが激しくなり、目の周辺に年寄りイボが出だし、目やにもひどくなってきたので、ロッキーのことをとても怖がっていたキャラ君が顔を舐めて綺麗にしてくれるようになりました。
ロッキーが自分でやるとどうしても爪で傷つけてしまうので..
同じ部屋に居る他のわんこはコーギーと下半身麻痺のポチ君なのでロッキーの顔まで届きません。唯一キャラ君だけが背丈が同じなので、暗黙の了解なのかな..
僕がやらなきゃ!そう思ってくれたのかな♪
動物の世界も凄いですね♪
いたわり、優しさ、思いやり
しっかりあります!
ほのぼの~ロッキーも気持ち良さそうです
鈴ちゃんが昨晩亡くなりました..
心筋症でした。
突然起きる病気です。
過去に二匹亡くなった事がある病気でした。どの子も元気食欲がなく、最初は風邪に間違えられ、しばらくすると後ろ足が立たなくなり、それで心臓病と判断されました。でも手遅れで亡くなりました..
鈴も月曜日に病院に行き、もともと下半身麻痺だったこと、血尿が出ていたことで膀胱炎の治療をしていました。
食欲は無かったけど、まだ元気はあり、しっかりしていました。木曜日の朝も食欲は無かったけどケージから出て、不自由な体を引きずって他の子の所に行っていました。
夜帰ってから病院に連れて行こうと思ってました。でもまさか心筋症だったなんて思いもよらない事でした。

とりあえず入院して診察が終わってからレントゲンやエコー、血液検査をしてくださっていたらしく、心筋症と判断され
だんだん呼吸が荒くなり、自宅に電話がありました。

苦しそうで、もうもたないと..

直ぐに迎えに行ったときの鈴の眼はもうどこを見ているのかわかならい状態で、意識はありません。
二時間前とは全然違う顔でした..
このまま病院で亡くなるよりは自宅に連れて帰り看取ったほうがいいのでは..
先生の判断で連れて帰ることにしました。何がなんだかパニックでした。
何が起こったのか..理解出来ませんでした。
自宅に帰りケージに横たわった鈴の体を擦って
鈴ちゃんと何度も何度も呼ぶと意識のない鈴は前足を揉み揉みし始めたんです。
聞こえてる!鈴はまだ聞こえてる!
最後の最後にこたえてくれました!

そして鈴は息を引き取りました..
我が家に来て一年半
短い短い期間でした。
鈴は幸せだったのかな..
我が家に来て幸せだったのかな..
いつも亡くなると思います..
最善の治療ってなんだろう..
後悔しか残りません..
いつも悔いが残ります..
ちゃんとしてあげれたのかな..
この子は私と居て幸せだったのかな..
亡くなると後悔しか残りません..

鈴は血尿が出て、膀胱炎になってしまいました。食欲が無いので点滴と朝晩抗生物質の投与となりました。3日経ってもまだ食欲がでない..もう一度病院かな..


シャーは四日間入院していました。
結石でチューブが詰まってしまって
尿毒症をおこしていましたが良くなって退院してきました。

鈴は..
夜病院に行き、入院したのですが、二時間後先生から電話があり、心筋症とわかりました。具合が悪くなって四日目です。鈴は自宅に連れて帰り生死の境をさ迷っています。鈴は昨年六月に保健所から保護した猫です。下半身麻痺でも頑張って生きてたのに心臓病でなんて死なないで!
敷物の上から一歩も動かないすみれちゃん。
足が弱っているからかな..
もしかして一度も外に出たことがない?
ずっとケージ暮らしだったのかな..

昔のことはいいや~
これからは家庭犬!
一緒に寝ていっぱいご飯も食べておやつも食べて!
ゆっくり過ごそうね!
少し優しい眼になってきたような気がします!
今日はグループホームでのドックセラピー活動でした。
12月からはサンタクロースのラテちゃん!トナカイさんのさくらちゃん!
天使のサリーちゃん!
それぞれ衣装を着ての訪問活動です。
今日はリハビリを兼ねてボールを投げて頂いたり、何にでも興味津々のサリーが大活躍でした!

今年6月に保護したはちべえ君。
かなり高齢と思われ、片目も潰れていました。外の生活でかなり苦労したと思われる容姿でした。
痩せぎみで食欲が余り無かったので
血液検査をしてもらいました。
少々脱水があり、腎臓病を患っていました。猫には多い病気です。
後1ヶ月持つかな..獣医さんにそう言われました..
それから5ヶ月間はちべえは頑張りました。そして2~3日前からまた食欲が無くなり寝て過ごす日々が続いたので再び動物病院へ連れていきました。
脱水がひどく、尿毒症にかかっていると思われ、皮下点滴をしてもらいました。

オシッコが出てくれればまた食欲も出て来るかもしれない。そう言われ、自宅のケージで様子を見ることにしました。
寝たきりになってた子が朝方少し起き上がってやっとオシッコが出てくれました!少し楽になったようですがまだ食欲が出ません..
以前保護した猫も腎臓病でした。
毎日自宅で点滴をして、二年頑張りました!はちべえも細く長くがんばれ!

はちべえは昨夜亡くなりました..
私が帰るまで待っていてくれました。
この2日目を開ける事がなかったのに
ケージから出してオシッコを拭いていたら少し起き上がって目を開けてニャーと鳴いたんです。少し楽になったのかな♪
喜んで安心したのもつかの間..
それが最後の別れになりました。
私に何か言いたかったのかな..
とても安らかなお顔で旅立ちました。
短い期間だったけどはちべえ君
ありがとうね