10歳以上と思われるチワワのすみれちゃんです。

歯もぼろぼろで、白内障もあります。
後ろ足にふらつきが有ったので診察の結果は加齢によるものからでした。
お年寄りが腰を曲げて歩く感じだそうで
この子は小型犬だからこのままふらつきながら歩けるけれど、大型犬だと寝たきりになってるそうです。
心臓には問題無いそうで、フィラリアもマイナスでした!

我が家のわんこちゃん達はというと..
皆歓迎~犬も猫も来るもの拒まずなので私はどんなこを保護しても楽なんです!
皆にはいつも感謝です!

なぜ?こんなにおばあちゃんなのに捨てられるのでしょうか?
迷子になって探せないでいるの?
この子を見て迷子だとは残念ながら感じません..子供を産んだ経験があります。最後の最後まで一緒に!
病気になっても寝たきりになっても最後まで看とるのが命を預かった飼い主の責任ではないのかな..そう思います。
すみれちゃんとは何年一緒に過ごせるかな..一緒に過ごす年数ではないんです。
絆の深さは決して一緒に過ごした年数ではないと思います。すみれちゃんにとって我が家で過ごす日々に幸せを感じて私達を信用してくれたら私はそれで幸せです。長生きしようね。大阪弁に慣れてね~
スポンサーサイト
2014.11.27 老犬ロッキー
我が家に来て15年、推定16歳のボス犬ロッキー。
とうとう後ろ足がおぼつかなくなりました。今まで一度もうちの中では用を足さない子が先日初めてウンチをしてしまいました。
まだまだ食欲があるので大丈夫!
ずっとうちの保護犬達を引っ張ってきた子なので、年をとってもずっとボス犬のままです。まだまだみんな一目置いています。ロッキーには一歩下がって接している他のわんこ達はが最近ロッキーの顔や足などを舐めるようになりました。老犬をいたわっているようにも思えました。

犬社会も労りや優しさがあります!
22日から猫トイレでオシッコしなくなり、トイレの外でオシッコするようになりました。食欲もあり別に気にしていませんでした。23日も同じでした。砂が汚れてるからかな..新しいものに変えて翌日やっと信ちゃんの異変に気付きました..
信ちゃんは立てなくなっていました..
立つことが出来ないからオシッコを垂れ流していたんです。私は信ちゃんの異変になかなか気付いてやれませんでした..

診察の結果は
原因は不明ですが小脳に異常があるか
脳梗塞か..MRIを撮らないとわからないそうです。取り合えず注射とお薬で2~3日
様子を見て良くならなければ高度医療センターにMRIを撮りに行きます。

まだ2歳ほどの若い猫です。
今年1月に大怪我を負っていた所保護し片腕を切断して今度は歩けなくなる..
何で~この子は辛い思いばかりするのだろう..
急に立てなくなったのではなく
徐々に気付かないうちに悪くなっていった可能性があるそうです..

信ちゃんごめんね



2014.11.23 南極物語
先日昔映画館で見た南極物語の放送がありましたよね。
犬の鳴き声が気になったのか、食い入るようにテレビを見てるラテちゃんでした。
2014.11.22 猫の絨毯
なんでなか~
そんな狭い所に集まらなくても~
暖房して温度管理は出来てるのに~

2014.11.18 大変だ~
シャー君の尿道チューブも獣医さんのお陰で落ち着いてきて、オシッコカブレも
治ってきました。
そして今朝..
オムツを変えるときに朝晩ウンチを促します。
最初は固くて良いウンチが出るのだけど
段々緩いウンチになってきます。
今朝はなかなか止まらない..
本当に本当に止まらない..

でもオムツをする前で良かった~
汚れたらまた一からやり直しで引きずると体も汚れて大変なんです!

我が家には下半身麻痺の猫が三匹
シャー君 鈴ちゃん まだ生後半年位の大福くん。
そしてわんこも一匹
ポチくん!
みんなハンディがあっても負けないぞ~

お世話や管理が大変です。
自分の時間は..
通勤中か会社でのお昼休み位かな
それでも全然苦にならないのは
この子達から沢山沢山学ぶ事が多いから!やさいし気持ちにさせてくれるから!
鈴ちゃん
シャーくん
大福くん。
まだ小さいので不自由な体でも暴れん坊で、ケージにもよじ登りますよ♪

ポチくん
みんな可愛こちゃんですよ~


今日もラテちゃんとさくらは老人ホームでセラピーのお仕事でした!

10人ほどの入居者さん達に抱っこされたりおやつをもらったり、終始笑いの絶えない50分でした~
来月は..12月はサンタクロースとトナカイの格好でクリスマス~
お腹から出ているオシッコを出す為のチューブ。
先端にはオシッコが染み込むようにペットシートを切って巻いていました。
チューブが抜けない様にその上にオムツをしています。かなりモコモコになるし、股ずれもおこしかけていたので何とか楽にしてやりたい..

そこで思い付いた~
チューブの先端にチャック式の袋!
チューブを入れてチャックを閉めてチューブが抜けないようにテープで固定して、そしてオムツ!
かなり圧迫が無くなり股ずれも無くなると思います。
これで負担を取り除けることが出来るといいな

この脚を前に出す座りかたが
床擦れを起こしてしまう..
シャーにとっては楽な座りかたなんだろうけど..
お腹から直接膀胱に穴を開けチューブを通してオシッコを流すようにしていたけれど、動いて引っ張ると外れ安いので、
チューブを外してオムツにしていました。
ですが..直接お腹の穴からオシッコが常に流れるので、私が留守の間にオムツが濡れて肌がオシッコカブレで酷くなってしまって..お薬を塗っても酷くなる一方なので獣医さんに相談しに行ってきました。

獣医さんもびっくりするくらいのオムツカブレで、シャーは猫の中でも肌が弱いそうです..
まずはオムツカブレを治さないといけないので1日入院して再度チューブを入れる事になりました。
翌日シャーを迎えにいくと、直接肌にオシッコが当たらなくなったので、少しマシになっていました!
チューブの先にはペットシーツを巻いてオシッコを吸収させます。

そして獣医さんは
(この子はこれから先もずっとずっと世話が大変ですね。治療費はいいから頑張って下さい!)
そう言ってくださいました。
ありがたいです。
獣医さんにはいつも感謝です。
大変な猫や犬をなんとかして~ってお願いばかりしているから..
亡くなったこつぶちゃんと一緒に保護した元気ちゃん。
こつぶちゃんにコウ虫が居たので一緒に駆虫剤を飲ませました。
一週間後の8日に便検査。
結果は虫は居ませんでした!
良かった~

コウ虫は大阪ではまず居ないそうです。
鍬みたいな歯で内臓を掻くので出血したり嘔吐、下痢が有るそうです。
地方から保護したので、その場所特有の寄生虫が居るんですね。

こつぶちゃんの分まで健康で育つように!
左後ろ足が真っ直ぐ伸びたままのりんごちゃん。

高い所には登れませんが歩行はとても素早い!
人見知りの激しいりんごちゃん。
そんなりんごちゃんにも以前お見合いの話がありました!だけどやはり怖がってしまって..ダメでした~

段があるとなかなか登れなかったので
ネコトイレに入れません。
ネコトイレの手前まで行って床の上で用を足してたのに
なんとネコトイレの中に入って用を足してたのです!
凄いぞ!りんごちゃん


動物だって自分なりにちゃんと努力するんです。諦めず努力するんです!
人間も見習わないと!
10月2日に保健所からやって来た二匹の子猫ちゃん

まだ生後3ヶ月位の小さな女の子達。
白黒の子はこつぶちゃん。
キジの子は元気ちゃん。

元気ちゃんは体重も増えスクスク育っています。
こつぶちゃん..
体重がなかなか増えません..
あきちゃんと同じ右前足が曲がったままでした。その事もあってあきちゃんと同じ発育不全かな..そう思いながら強制給餌
をしたり様子を見ていました。
そして11月に入り2日から嘔吐と下痢が止まらず動物病院で診察をしてもらうと、
コウ虫という寄生虫が発見されました。
駆虫剤を飲ませ、点滴もしてもらい
様子を見ることになりました。
元気ちゃんも一緒いたので念のため駆虫剤を飲ませることになりました。
こつぶちゃんは..
次の日にはご飯を食べれるようになり一安心と思いきや、次の日にはまた下痢と嘔吐をし出しました。掛かり付けの病院はお休みなので..
休みの日に夜診をしている病院を探し
点滴と抗生物質の注射をしてもらったのですが..立ち上がることも出来ない位衰弱していました。そして私が見守るなか僅か3ヶ月足らずの短い猫生に幕を閉じました..穏やかに凄く穏やかに優しいお顔をして逝ってしまいました..

私が引き取る猫は引き取り先がない子、障害がある子、凶暴な子、そんな子達だからこそ長く長く生きてほしい..そう思って引き取るのだけど..
なすすべがなく、ただ見守るだけで終わってしまう..引き取っても僅か1ヶ月足らずで亡くなる子もいます。
ゴメンね..と言う気持ちと長生きさせてあげれなかった後悔しか残りません..もう一人では無理だから..そう自分に言い聞かせて活動を辞めてしまう..
楽な選択です。だけど自分を奮い立たせてまだまだ頑張っていこう!
悲しい気持ちは奥にしまって!
腫瘍かな..
色々心配しましたが、大型犬や中型犬に多い病気?怪我?のようで床に横になった時に体重で負荷がかかるようで、肘が腫れたりするそうです。幸い化膿はしていなし、液を抜いてもまた繰り返すので経過をみることにしました。
色々ありますね~