名前はアトムになりました。
ご近所の方が呼んでいた名前です。怖がりさんになってしまったので今はケージに入ってもらっています。
そのまま病院に連れて行き、病院に入った瞬間に獣医さんは
(口が開いてるのは緊張してるから?ずっと開いたまま?)
(喧嘩してきたのか、口からヨダレと血が出ていました。猫同士で喧嘩したんだと思います)
(喧嘩で口の中を怪我することはまずないです。交通事故にあったんじゃない?
顎骨折してるんじゃないかな?)
そう言われて朝から夜まで預かって診察して頂きました。
夜、引き取りに行くとやはり顎は骨折していました。先生は(よく生きてたね)
そう言われました..応急処置として下顎の犬歯をワイヤーで固定してくださいました。ですが(簡易的な処置なので、今の状態では硬いものはたべれれません。まだ若い猫だから下顎をボルトで固定する手術のことも考えて)そう言われました..
その時は直ぐに決断出来なかったけれど
固定する手術をしてもらおうと思っています。また元通りカリカリも食べることが出来て、お水も飲むことが出来て口を開いたままいることもなく元の顔つきに戻りますように..
手術は今週金曜に決まりました。
うまくいきますように~



スポンサーサイト
翌日無事保護できました。
ベランダに現れてくれて抱っこして部屋に入れたものの、外の世界しか知らないこの子はびっくりして手から離れ大暴れしてしまいました..
格闘し私の腕も足も傷だらけになりながらようやくケージに入れる事が出来たものの、あんなに慣れてくれていたこの子にはとても怖い思いをさせてしまったので威嚇されてしまっています。

食欲もようやく出てきましたがやはり口の中が痛いのか、口を開いたままです。
明日は1日病院で検査をしてもらいます。
何事も有りませんように!

外で暮らす猫ちゃんに限らず動物は
いつも危険と隣り合わせです。
みんな安全な場所でゆっくり暮らせたら
いいのに..
朝晩毎日ご飯を貰いにお向かいのお家と我が家に来る信ちゃんの兄弟はご近所で可愛がられている地域猫です。
いつでも家の猫になっても大丈夫なくらい慣れてくれました。
寒くなる前に家に入れようと思っていて矢先に1日姿を見せなくなりました..
翌朝、額に怪我をしていました。
怖い思いをしたのか直ぐに逃げてしまいました。そして今朝、お向かいのお家に現れたその子は額の傷と口を半開きにしてヨダレを垂らし痛そうにしていました。病院に連れていかないと..
抱っこしてケージに入れようとしたとき、逃げてしまいました..
何処かに隠れて痛みを我慢してるんだと思います。やはり家に入れてやるべきでした..明日は現れてくれるかな..お腹も空かしていると思います..
明日は現れてくれますように..

信ちゃんは大きくなりました!

片手がなくても普通に過ごせてますよ!
2014.09.22 桃ちゃんの耳
四年前の手術の時のCT検査で桃の右耳の鼓膜が無いことがわかりました。
生まれつきなのか、腫瘍が原因なのかはわかりません。
桃は私の声を左耳だけで聞いていました。先生に言われるまで全く気が付きませんでした。
だけどその左耳も内耳炎ではっきりと聞こえていないよ とも言われました。
桃は呼び戻しも、お手お座り待ても
出来ます。一緒にしつけ教室にも通った子でした。私の声はこもったようにしか聞こえていないらしいです。
でも桃はしっかり反応してくれていました。
そして最近もうほとんど聞こえていない?そう思うようになりました。
声にはほとんど反応することは無くなりました。
私が手招きをしたり、手でお座りのしぐさをすると答えてくれるのですが、
余程大きな声を出さない限り反応しなくなりました。
もうセラピー犬も引退かな..

推定11歳、
ゆっくりゆっくり過ごしてくれたらいいな!我が家に来て7年
7年間も老人ホームで毎週毎週活躍してくれました。桃ちゃんお仕事!と言うと飛ぶように走って玄関まで来るんです。
優しい穏やかな女の子!

お仕事ご苦労様
ありがとうね♪
あとはゆっくりお家で過ごそうね♪
明日は敬老の日なのでワンちゃんのアレンジフラワーを持って、久しぶりに桃ちゃんも参加しました!
桃はお尻尾フリフリで、入居者さんの前でお座りしてお手おかわりと愛嬌を振りまいていました~
さすがベテラン桃ちゃん!

ラテちゃんとさくらちゃんは
お膝に座ってお利口さん!
この三匹は何処に行っても褒められます!自慢の娘です。

2014.09.11 保護猫さん
この子はご近所の方に頼まれて保護しました。
引っ越しかな.
飼い主に置いていかれたようでした。
もう1ヶ月程前のことだそうです。
小学校と幼稚園が向かい合わせにある人通りの多い場所にこの子が居ました。
少し行くと幹線道路があります。
この子は毎日毎日道の真ん中でなぜか幹線道路の方ばかり向いてじっとしていたそうです。
警戒心もなく、とても人懐こく、犬にも平気で愛嬌を振りまいてたそうです。
ご近所さんから少しご飯も貰ってしのいでいたそうですが、真夏の暑さも影響してか、ふっくらしていた体も段々痩せて
いき、ご近所の方も心配になるけれど
飼ってやれない環境にあるため皆で心配していたそうです。そして私に相談されました。ですが..私もいっぱいいっぱいです。今は余裕は有りません..一度お断りしました。少し時間をくださいと..
だけど..聞いてしまうと気になってしまします。うちの猫たちも同じような環境に居た子達です。
今はおうちの中で快適空調のお部屋で過ごしています。
翌日夜に現場に行ってみると
やはり道路をじっと見ているこの子が居ました。初めて見る私にもスリスリして
キャリーバッグにもすんなり入り、家に連れて帰るとケージにも嫌がらず入ってくれました。とても綺麗な男の子でした。

どんな状況下に有るにせよ命を捨てるのはどうかな..
動物だからなんとか生き延びてくれる?
飼えない状況にあるなら
誰かに相談することだって出来るはずです。何でも自分に置き換えて..
逆の立場を考えて..
人間だって動物だって同じです!
少々風邪気味のあきちゃん。
いつも頂いてる抗生物質が効かないので病院に連れて行きました。
体重と背中の毛が少し抜けてしまったので診て頂きました。

体重は・・・7月末に測定したときと変わらず800g・・・
毛が抜けてしまったのは免疫力が低下しているからのようです・・・
食欲は有るのに体重は全然増えません・・・
もう1才半なのに・・・見てると弱々しくて怖いくらいです。
猫の飼育に慣れていても、成長不良の猫は初めてです。
今年保護した子猫ちゃん達のほうがすっかり大きくなってしまいました。
あきちゃんはいつまで経っても甘えん坊の子猫のままです。
日曜日は毎週ドッグセラピーの日です!
今日は東大阪にあるグループホームに行ってきました。
先月はお休みしたので2ヶ月ぶりの訪問でした。
今日はトイプードルのラテちゃんとさくらちゃんの2匹が参加
お仕事頑張ってくれました