社内旅行で二泊三日の旅に出ました。
犬猫の世話は主人にお任せしまた。
大忙しだったとおもいます。

すこしゆっくりさせてもらって
明日からまた仕事とお世話を頑張って
みんなのケアをしていきます。

旅行中とても貴重な経験をさせて頂きました。
海ガメが大好きな私は海ガメに出会えたらな~産卵する浜が今回の旅行先でもあった為ホームページを探して海ガメの保護活動をされてる方に出会い案内してもらい、
運が良ければ子ガメのふ化に立ち会えそうな…
そんな期待を膨らませ今日を迎えました!
そして…早朝から色んな説明を受け、テレビで見ている産卵やふ化は少し美化されているもなんだと・・・
現実はとても厳しい世界なんだと思い知らされた部分もありました。丁度卵からかえり
砂の中から生きるためにがんばって出てこようとしている小ガメさん達に運よく出会えることが出来ました!
海から流れ着いた漂流物を小さな体で越えて少しの砂の段に体をとられてひっくり返り、転がりながら海へ海へと向かう小ガメさん達の姿はそれはそれはたくましく勇ましくもありました。
産卵場所から5㍍ほどを素早く海に向かわないと空から鳥が狙っています。海へ向かうその早さにびっくりしました。
保護活動をされている方は一人で朝晩海岸を歩き、産卵場所全て把握され、ふ化予定日も把握され大変な活動です。
砂段が有ると産卵するために上がってきた母ガメさんも産卵できなくなります。段差で上がれなくなった母カメさんは海に近い浜で仕方なく産卵する場合も有るそうです。
私のやっている犬猫の保護活動もボランティアです。海がめの保護活動をされているかたもお仕事を抱えての
ボランティアです。私も手探り状態でこれでいいのかな・・・自問自答をしながらの活動です。
このたかはもう20年程活動されているそうです。(毎年毎年進化してるよ)迷いながらでも続けていくしか、守っていくしかないんです。
お母さん海がめがやっとの思いで砂浜にたどり着き、産卵場所を探し回って一生懸命砂を掻き分ける。気に入った穴を掘れないと、また穴を掘りなおすか、諦めて海に戻ってしまうそうです。そんな苦労をしてやっとのことで産卵しても
ほかの動物に穴を掘り返され卵を食べられてしまうこともあるそうです。20年程前は人間が掘り返し商売の為
売られていたそうです・・・朝晩の見廻り、卵が孵りにくい場所にあると
ほかに移植をする。など一人では大変な重労働だと思います。私なんかまだまだです。
行政の上に立って先の先を行かないと・・・出る杭は打たれても出すぎた杭はなかなか打てないよ!

すごく良いお話を聞けた勉強になった2時間でした。
私もがんばらないと・・・時間がなくてもしんどくても守ってあげられる命があればなんとかがんばれます!
その場所に移住できたら・・・私も保護活動に加えてください!と言えるのに・・・本当に頭が下がりました!
スポンサーサイト
2014.08.29 坊っちゃんNo.3
眼がうっすら開いてきました。
でも目のなかは混濁して、失明したと思われます…
昨日は自宅で皮下点滴と強制給餌を少し…
生きなきゃっていう思いが伝わってきます。
今までエイズ末期の子を沢山看てきたけれど
一番がんばり屋さんです。

頑張った。よく頑張ったのですが…
27日早朝亡くなりました。
エイズ末期の猫を沢山看取ってきましたが
坊っちゃん程頑張った子は居ません。
7か月という短い間だったけど
うちの子になってくれてありがとう。
エイズ末期の坊っちゃん。
強制給餌も嫌がらず飲み込んでくれてます
坊っちゃんの体にしては少なすぎる量だけど
頑張って食べてくれています。
立ち上がったり、ケージの二段目に登ったり
少しだけ調子が良さそうなので、もっと栄養をとらないとと思い獣医さんに
食道チューブを入れてもらおうと相談しに行きました。
ですが先生の答えはノーでした。
あと頑張って余命1ヶ月位だそうです…
この状態でチューブを入れても栄養を吸収出来ず嘔吐してしまう可能性が高いからです。肺にでも入ったら延命のつもりが命取りになってしまうかもしれない…現実は厳しいです。
眼も免疫力が低下し炎症が激しく両眼とも潰れかけているそうです。目やにが止まらず膿のように黄色いのが流れ出ています
こんな状態でも坊っちゃんは懸命に生きようとしています。側にいると凄くわかります。
私はただ見ているだけしか出来ません…

数年前に保護した猫もエイズ末期でした。
保健所に居るときからヨダレと鼻水が酷い猫で
ご飯が食べれなくなり、食道チューブを入れてもらったことがありました。だけどそれから三日後亡くなりました…
だから先生もノーと言ったんだと思います。
このまま点滴と強制給食で頑張ろうとおもいます。
坊っちゃんの為に何が出来るか考えて…
残された時間を有意義に過ごして…

今日坊っちゃんに話しました
(いっぱい世話かけていいんだよ!
我慢しなくていいんだよ!)


2014.08.22 エイズ発症
今年最初に引き取った坊っちゃん
昨年の12月末に保健所で保護された子でした。
エイズキャリアでした。
骨盤骨折と横隔膜ヘルニアで手術まで処置していただきうちに来たときは剃毛の後がまだまだあり、なかなか毛が生えてきませんでした。3月に入った頃鼻水とよだれが酷くなり
エイズを発症したと思われ、口のなかは口内炎も出来ていました…ステロイドを注射して落ち着き、食欲も出てきました。五ヶ月が経ちまた鼻水とヨダレが出て食欲もすっかり無くなり8月に再度ステロイドを接種するも全く効果なく続けてステロイドは接種出来ないので
炎症止めのお薬をいただき、サプリメントと併用し鼻水とヨダレは治まったものの、食欲が出ません…喉の奥まで炎症が有るのに坊っちゃんは
強制給食餌をしても嫌がらず飲み込んでくれました!それが強制給餌も暫くすると嘔吐していまうようになりました。点滴も家で出来るようにはしているものの、立つのもやっとの痩せ細った体に、心臓に負担をかけてしまうかも…
そう思うと点滴も出来なくなりました。
横たわったままの坊っちゃんに今朝は20mlお水を飲ませました。
もう何もしてやれることはありません…ただ見守りしか出来ません…
拭いても拭いても汚れてしまう顔と体…
うちに来てまだ8か月
わかって引き取ったつもりですが
助けてあげれないほど辛いものはないです。
見守りしか出来ないほど飼い主として辛いものはないです。
仕事から帰って坊っちゃんがケージに横たわって、息をしているとホッとします。
朝起きて、坊っちゃんが息をしていると良かった~そう思うと毎日です。

14日に引き取った下半身麻痺の子猫ちゃん
名前は大福君にしました。
背中やお尻、脚にかけて事故の傷があります…
痛かったでしょうに…

保健所での治療のかいがあって
後ろ足にも感覚が残っているので
頑張ったら歩けそうな気がします。

リハビリを始めました。
お腹の下を少し持ち上げて介助すると
後ろ足が前に出るんです!
すぐ疲れてよれてしまうけど。
でも足が前に出るから筋肉が付いてきたら
なんとなく歩けそうな気がします!
まだ生後3ヶ月位なので焦らずゆっくり
毎日少しずつ、リハビリをしていこうと思います!この子の猫生はまだ始まったばかりなので!先は長いから~!
ゆっくり焦らず♪


桃が大手術を受けてから約四年が経ちます。
右耳の下から喉にかけて腫瘤ができ、喉の半分以上を圧迫して呼吸がしずらくなっていました…
何軒か病院を訪ねても答えは同じで(手術は出来ない場所で、このままだと呼吸困難になり、辛い状態になるので安楽死も考えてください)でした。どうしても諦めきれない私は最後にドッグセラピーでお世話になっている獣医さんのもとに行きました。そしてネオベッツVRセンターの先生を紹介して頂きました。この先生が唯一(僕は手術しますよ。でも耳から喉にかけて沢山神経が繋がっています。切らないように避けて腫瘤は取りますがもし誤って神経を切ってしまった場合は顔面麻痺になるかもしれません)
そう言われましたが私は顔面麻痺になったとしても桃が生きれる道を選びました。
その時先生は(手術するのも、しないのも飼い主さんの選んだ選択が正しい答えだからね)と言ってくれました。六時間にも及ぶ手術は口から通すチューブでさえ簡単には入らなかったくらい
喉はふさがりかけていたそうです。
そして少し顔面麻痺にはなりましたが
四年たった今でも桃は元気に過ごしています。
あのとき先生が手術をしてくださらなければ
桃は四年前に亡くなっていたでしょう…
それから3ヶ月~半年周期でCTの検査をしています。再発していないか調べる為です。

大手術から二年経ち…今度は腸重積という病気になりました。食欲がなく、丁度CTの検査があったので診てもらったら、先生は大慌て緊急手術となりました。腫瘍で塞がっていたそうです。
二度目の手術から二年経ち腫瘍の転移もなく、
血液検査も問題なく健康そのものでした。

桃は沢山の獣医さんに守って頂いています。
推定11歳ですがまだまだ元気です。
桃ちゃん!母ちゃんは桃ちゃんに会えて良かった~桃ちゃんずっと母ちゃんの側に居てね!
2014.08.14 新しい仲間
平日の保健所訪問は仕事が有るので出来ません。平日のお休みが重ならない限り私自身の訪問が出来ません。今日からお盆休み!
思いって行ってきました!
保健所には沢山の保護子猫ちゃん達でケージが一杯でした。怪我をした子は一匹だけでした。
保護期限が切れていたけど先週お電話でお願いしてこの日まで待っていてもらった子猫です。
生後3ヶ月位の子猫ですが、下半身麻痺です。
お尻に車?に引かれたと思われる傷もあります。
圧迫排尿が必要です。保健所での治療の成果で
保護当初より足の感覚は戻ってきたそうです。
でももうこれ以上良くはならないそうです。
骨盤を強打したのかな…足は少しは動くのに…
まだまだ小さな子猫です。この子は走り回ることも、高いところに登るのも絶たれました。
食欲もあり、しっかりしています。

私の住んでいる町は怪我をした子は譲渡されません。飼い主以外はまだまだ譲渡さえ難しい…
ネットでの犬猫情報すらままなりません。同じ保健所でも都市によってかなり違いがあります。怪我をした子、病気の子は介護も大変です。ですが何度も書くようにここは諦めず最後まで治療、譲渡の道を探されます。
全国の保健所も統一されたらいいのに…
それよりなにより、飼い主が最後まで責任をもって飼うこと!外飼いはしない。去勢避妊手術をすること!飼い主も命を預かる覚悟をきちんとしてほしい…そう思います。
ある愛護団体さんの保護施設に行ってきました!私が個人的にお世話になっているところです。
広いお部屋にのびのび過ごしてる猫ちゃん達。

広いドッグランでのびのび~わんちゃん達

うやらましいな…
わんちゃん達はおやつにスイカをもらっていました!
2014.08.11 大好きな人~!
今日は犬猫の話ではないけれど♪

私の大好きな三輪明宏さんの音楽祭(コンサート)
に行ってきました!台風で凄い雨のなか
良く岸和田に来てくれました!



凄く辛いことや悲しいこと、行き詰まった時に
三輪さんのコンサートや舞台に行くと浄化されるんです。今年三回目ですが、毎回涙が自然に流れます。自分でもわからないんですが…
そしてとても不思議な体験を毎回するんです。
例えばある歌を歌われるとマリア様が降りてきたり…
そして気分がスッキリしてまた頑張ろうって気になります!

動物の保護活動をしていると終わりが無いので
時々もう無理だ~もう限界だ~
そう思う事があります。
そんなときは…
少し気分を変えて
前向きに…前向きに!
また頑張ろうって気になります!
六歳になったなっちゃんの様子が三日前からおかしいのです。
じっとしたまま余り動かない、食欲はあるけどしんどそうにしていました。

病院に行って血液検査をしても脱水症状は有るけれど内臓関係は正常でした。
レントゲンを撮ったところ…
肺に異物がある様子…
年齢的に考えて腫瘍ではなさそうです。
(何か飲み込んで肺に入ったかもしれない)
獣医さんにそう言われました…
だけど猫ちゃん達の部屋に危険物は置いてないし…

二~三日抗生剤で様子を見て、食欲や水分が取れなければ自宅で50cc程点滴をすることになりました。

そして9日土曜日の夕方…
なっちゃんの喉の下が腫れていることに気付きました!すぐ病院に連れていきました。
注射器で吸い上げると膿が出てきました…
少し切開いて絞り出すと沢山沢山膿が出てきました…その後エコーを当てて見ると心臓を何か幕が覆って白くなっているのがわかりました。
だけど徹底的な病名は解らず、点滴をして
夜は自宅で過ごし、翌朝病院で切開手術を受けることになっていました…
病院から帰って、ケージで横になって、もう後ろ足にも力が入りません。横になったままお水を沢山飲んでくれました!
そしてその夜呼吸が荒くなり暫くして息を引き取りました…
なっちゃん、病気をちゃんとみてやれなくてゴメンね
もっともっと世話かけてくれていいのに…
母ちゃんは何でもしたのに…
ゴメンね なっちゃん
2014.08.07 ありがとう♪
私の大好きな方が犬猫のフードを沢山送ってきてくれました~


早くちょうだいよ~


猫ちゃんたちは我先に~


本当にありがとう♪
みんなよろこんでいます~
保健所から保護したお母さんと五匹の子猫達の一匹
シャム猫系の子猫は素敵な里親さんが見つかりました。
あと四匹の子供達とお母さんのその後

このお母さんはとっても偉いです。
まだまだ威嚇は激しいけれど…
朝晩、ウェットフードの時間になると子猫達は
ちょうだい~!って暴れていち早くガツガツ食べます!同じケージに居るお母さんは…
子供達が食べるのを見届けて残ったフードを食べます。お母さんもお腹が空いてるのに…
見ていると全て子供達優先にしているようです。こんなお母さんだから五匹も外で子育て出来て、保健所の職員さんが保護した時も親子離ればなれにならなかったんだと思います。

人間ですら、育児放棄したり子供の命を絶ってしまったり…
見習わないといけませんね
黒猫三兄弟は風邪で療養中です。
風邪が完治したら里親募集します。

白キジさんは以前ブログに書いた口内炎の子です。五匹の中で一番小さくて口が痛くてご飯が食べれなかったのに、ステロイドのお陰でわんぱく坊主になりました。ですが、この子は生後3ヶ月でステロイドを打ったので副作用があるかも知れません。そしてまた口内炎をぶり返すかも知れません。里親に出したところで里親さんに負担がかかるかもしれません。
なので白キジ子猫は我が家の子どもになります
2014.08.04 通勤途中で…
今朝、会社の通勤途中での出来事です。
会社近くの幹線道路で子猫が死んでいました。

なんとかしなくちゃ!
このまま放置したらどんどん他の車にも引かれてしまう…

一旦会社に行ってすぐ段ボールを用意して
また向かいました…
雨で濡れていて、何度も何度も車に引かれた様子で見るも無残な姿でした…
目の前に民家もあるのに…
誰も気にならないのかな…
可愛そうだとは思わないのかな…
野良猫だから?
自分には関係ないから…
自分じゃなくも誰かがするから…

なんでだろう…
人だったら大騒ぎするくせに…

私はほおって置けません。
だってうちに居る猫たちも元野良猫さんばかりです。一歩間違えたら同じ様になっていたかも知れません…
だから見たら例え箱がなくてもそのまま連れて帰って葬ります。
顔面を強打して保護されたリキは全然慣れてくれません

近寄るとシャーシゃーと威嚇し、ペットシーツを変えるとき猫パンチが飛び出し…
酷い怪我を負わされて人間不信も無理はないけど…早く信用してほしいな…毎日猫パンチとの戦いです。飛び出した左の眼球は摘出しなくて済みそうです。だんだんと萎縮してきました。

そして交通事故で足の感覚を失ったサンちゃん。サンちゃんの両足は変な方向に向いてしまいます。猫パンチは飛ばないものの威嚇が激しいサンちゃん。
2匹とも余程怖かったんですね…
早く信用してね