2014.05.29 新しい家族
23日の金曜日に保健所から二匹の猫ちゃんがやって来ました。

この子は人懐っこい男の子です。片眼がありません…亡くなった弥七君によく似ています。
はちべえ君です。


この子も男の子です。アントニオ君。
あまり慣れていません。この子は保護当初オシッコが出なく、カテーテルをして膀胱に溜まったオシッコを出していました。手足の皮膚もボロボロで治療をしてから我が家にやって来ました。手足はまだ毛が生えておらず皮膚がむき出し状態ですがオシッコはしっかり治療をしていただいたので自力で出すことが出来るようになっています。
いつもいつも思うこと…
保健所の皆さんは凄い!最後まで諦めないで治療して、譲渡の道を探されます!

そして本当はもう一匹来る予定だった猫が居ました。その子は愛護団体に引き取られました。
その子は首輪をしていました。保健所の職員さんはなんとか飼い主のもとに帰れるようにあちらこちらに張り紙をしていたそうですが…飼い主は現れませんでした。最後まで諦めない!
行政というより、職員さん達の諦めない思いがそうさせているのかも知れません!

我が家には以前同じ保健所から来たポポちゃんという11才の猫が居ます。
飼い主の持ち込み猫です。繊細な猫だったので環境が変われば食事も出来ません。職員さんは
1ヶ月程自宅に連れて帰りケアされていました。そんなポポも今では元気いっぱいです。



スポンサーサイト
2014.05.27 ハンモック
二段式の猫タワーが真っ二つに折れてしまったので新しくハンモックを二個買いました。
気に入ってくれたかな?
早い者勝ち~

我が家の一番の古株!
みどり亀の亀吉くんです。性別不明ですが…
17歳です。夏祭りの夜店の亀すくいの亀さんでした。めっちゃ小さかったのに今では人の顔位大きくなりました。
亀吉くん、私達と一緒に二度の引っ越しをして今の家には昨年の年末から住み始め、それから不思議なことが起こり始め…

介護が必要だった父の調子が悪くなり始めた頃
から水槽を抜け出し20センチはある段を登り父の部屋まで歩きベッドの横に居たことが何度もありました。
それから父が亡くなり、落ち着いた日が続きましたが、お仏壇のお水やお花を取り替えるのを忘れた日には同じ様に水槽を抜け出し
よじ登り、仕事帰りの私に訴えるように居るのです!
信じますか?不思議な出来事を…
話せなくても体全体で訴えるように…
どうやって登っているのかは不明です。
亀くんも考えて考えて訴えてくれてるんだ!
思い過ごしかもしれないけど…
信じてます!
何でも興味があって高い所にもよじ登り
大きな猫さんにも物怖じしないで
物に対して小さな体をいっぱいいっぱい大きく見せて威嚇して毛を逆立てて、表情が色々で見ていて面白い子猫です。
ルルちゃんの天敵は掃除機!
掃除機は超怖いようです。
下半身麻痺の鈴ちゃんのお尻の状態が良くなるように隔離部屋でケージの中で過ごすようになってから、以前に増して甘えん坊になりました。みんなと離れて淋しいのかな…

お尻の状態は良くなったけれどオシュコの状態はイマイチで、まだ少し膿がでます。
尿道の先で炎症がまだ起こってるのでオシッコの出始めに膿がでます。
洗浄して経過観察です。
頑張って
鈴ちゃん!

可愛い子猫がやって来ました。
4月生まれでまだ1ヶ月半です。

小さな女の子です。
この子には保護主さんがいました。
生まれで間もない二匹の子猫を拾われたそうです。一匹は亡くなっていまいました…
そしてルルは3日間入院して無事に育ちました。
離乳前の子猫を育てるのは大変です。三時間おきにミルクを飲ませてオシッコやウンチも自分で出来ないから刺激をしてあげないといけません。凄く可愛がられて育ったお陰でとっても人懐っこくて超可愛い子猫です。
離乳して、ある人のご縁で我が家にやって来ました。
最初のワクチン接種が済み次第里親募集をします。

獣医さん曰く少しペルシャかチンチラの血が混じってるそうです。鼻が短いというかペチャッっとした顔ですがとても可愛いくて愛嬌いっぱいです
4日はグループホームへの訪問活動の日でした。
ラテちゃんをお試しで連れていきました!
やはり思った通り!セラピー犬向きです。
ちょこんとお膝に座りじっとしたり、時には
入居者さんのお顔を見たり!
まだまだこれからですがラテちゃんは頑張ってお仕事をしてくれそうです。

何年か前にニュースで保健所のワンコを引き取ってセラピー犬にしようとしている団体を特集していました。素晴らしい事だと思いました。だけど…保健所の職員さんの言った言葉は
(飼い主に捨てられて可哀想な状況でまた犬に仕事をさせるのはどうかと思う)
でした…ショックでした。もう何年も前の話ですが未だに残ってます…
なぜなら私はそうは思わないからです。
セラピー犬には向き不向きがありますがどんなワンコでも周りの状況は把握出来ると思うし、
状況下の中で瞬時に判断出来るのがハンドラーの役目だと思うからです。酷い状態で飼われてたワンコだって愛情ひとつで変われるんです!
人間不信の子だって時間をかければ変われるんです!私は自分の経験からそう思います


今朝、いつもの通りオシュコして、洗浄してタオルで拭いて消毒して、ご飯を与えて~
いつものようにこなしていました。

ふとシャー君を見ると立ってご飯を食べてるではありませんか!
ビックリです。横になって食べていた子が…
奇跡です。3分程頑張って立って食べていました!シャー!あなたは凄い!

うちには目が見えない猫、臭覚がない子、
耳が聞こえない子、歩けない子等々沢山居ます!世話は大変ですが、こうした奇跡を起こしてくれます!なん十倍も倍返しで喜びを与えてくれます!世話しててよかった~
こんな瞬間がすごく幸せです。

保健所の職員さん
最後まで諦めずお世話をしてくださったお陰で
元気に頑張ってます。諦めない気持ち!
とても大切だと思います

この子はさくらちゃんです。
歯が無いのでいつも舌が出ています。
活発な女の子です。
なぜか首が太くて足が短い…

この子はラテちゃんです。
この子はシッポが根元からありません。
とても大人しい子なので、セラピー犬になれると思います!
この子達は姉妹です。某繁殖所が崩壊して酷い状態だった所、ある愛護活動家さんによってレスキューされました。この子達の里親になったのはコリキの死がきっかけでした。悲惨な状況から一頭救いたいな…そう思ってある方に相談しました。そして個人で保護活動をされている方を紹介して頂き、その方から今回レスキューに携わっている方を紹介して頂きました。そしてさくらちゃんとラテちゃん姉妹がやって来ました~またまたトイプードルがやって来たのもコリキが縁を結んだのかな…なんだかそう思いました。ラテちゃんはコリキに顔が似ています!
今回は縁が繋がって繋がって巡り会えたんです。
本当は一頭だけのつもりでした。だけど姉妹と聞いて2頭一緒に引き取ることに急遽決めました。
引き離すのは可哀想かな…いつも子猫を兄弟で保護したときに思うことなんです。なので今回思いきりました!
私も個人で活動してきました。その為にずっと働いている感じです。頑張って働かないといっぱい養っていけませんから!

皆、個人で活動されシェルターを持ってなく、預かりさん(ホストファミリー)さん宅や自宅でケアされて里親募集をかける方がほとんどです。繁殖所にいた動物や保健所にいた動物は愛情をかけて育ててもらっていない子がほとんどです。
犬は特にですが、おもいっきり甘えていいのに、ワガママも言っていいのに何処かで遠慮がちになります。何処かで一歩引いてしまう子がほとんどです。小さい頃から可愛がられて育ったワンコとは少し違います…もう捨てないで~っていう思いが伝わってきます。悲しい現実ですね…

個人で活動していても、同じ活動をしている方との輪広がって皆が協力し合って沢山の動物を助けられたら…どんなに素晴らしいか…
そう思いました。
2014.05.02 鈴ちゃん退院
血尿と食欲不振で入院していた鈴ちゃんが退院してきました!
血尿は落ち着いて食欲も少しずつではじめました。膿はお尻からでした。下半身麻痺の子大半は足を横にして座ります。
鈴ちゃんの場合、足を前に投げ出して座るので
床とお尻とで摩擦が生じ化膿して硬い瘡蓋になっていました…
まだ食が少ないので様子を見ながら点滴をします。

圧迫排尿した後は陰部洗浄です。
人間の介護と同じように洗剤のボトルを使います。圧迫排尿で使用したペットシートを敷いたままお湯を入れて洗い流します!ペットシートがお湯を吸ってくれるので便利です。人間の場合は紙おむつを敷いたまま洗浄するのでその代用ですね。



そしてもう一匹下半身麻痺の男の子がいます。
名前はシャーです。

人に慣れていなくて近寄るとシャーって言うからです。うちに来たときに苦労しないようにと保健所の皆さんが慣れるまで三週間ほど頑張ってくれていました。
だけど心を開くことは有りませんでした。
我が家にきてもまだ心を開くことは有りません。直に触れないので顔にタオルを被せて覆うと少し大人しくなります。その間に圧迫排尿をし、洗浄します。シャー君も床との摩擦で睾丸がただれていました。二人とも私の管理不足の為に痛い目に遭わせてしまいました…
暫くはケージの中で療養です。

ハンディのある動物はケアする時間とお金が必要です。人間も同じです。私も働きながら沢山の犬猫の面倒をみています。
自分の時間はほとんどありません。だけどそれでいいんです。時間はないなりになんとか少しでも作れるものなんです。医療費も餌代も欲しいもを我慢すればなんとかなります。
殺処分されるくらいなら、捨てられるくらいなら欲しいものだって時間だって自分さえ我慢出来すれば何でも出来るんです。
ただ…会社から帰るとすぐ動物達の散歩、片付けご飯等々、先にするので私たちのご飯が11時前になることが多いです。病院に連れて行ったりすると12時前になったり…
それでも何も言わずに待っていてくれている旦那さまにはいつも感謝です