コーギーのランちゃんとミックスのポチは仲良しこよし
お互い別々の所から保護されました。
ランちゃんは東北大震災の時に飼い主さんと離ればなれになりました
ポチは九州で交通事故に遭ったところを保健所に保護されました
二人ともとても良い子達です。

寒い地域と暖かい地域で育った子が中間地点の大阪で一緒に仲良く暮らしています
ポチは交通事故に遭い、下半身麻痺になりました。我が家にやって来たのは昨年の1月7日です。初めて保健所で会った時は圧迫排尿やご飯などお世話してもらっていた保健所の職員さんの後を不自由な足を引きずって付いて回っていました凄く甘えん坊です。
ポチに車椅子を…元通り歩けるようにしてやりたい!
探して探して同じ東大阪市のKOBO工房さんにお願いしました。それから10ヶ月間やっとポチの車椅子が出来上がりました~
想像上は車椅子を付けた瞬間喜んで走り回る!そう思っていました
想像上とは逆!怖がって怖がって前に進む事が出来ません…車椅子を作ってくれた足立さんに聞くと、病気で下半身麻痺になった子は車椅子にすぐ慣れる。だけど交通事故で下半身麻痺になった子は慣れるまでに時間が掛かる場合が多いそうですポチを見てると車に対しての恐怖心が凄い。車を見ると固まってしまいますよほど怖かったんでしょうね頑張ろうねポチ。車椅子で走り回ろうね
ランちゃんのことはまたこんど
スポンサーサイト
小力は我が家の家族となって三年です。
山で放浪して毛玉と凄い臭いで酷い状態でした
小さな体で長い間放浪していたと思われました
ガリガリで小さなトイプードル。どんなに不安だったことでしょう…ドッグセラピーとして老人ホームに一緒にセラピー活動もしていた大人しく賢い男の子でした。
それから二年経ち心臓病と診断されました咳が出てきたのが始まりでした。
そして去年の秋頃から急に悪化し始めたんです喘息みたいに呼吸困難になってしまいました。今では三種類のお薬を投薬。
高濃度酸素をレンタルして1日のほとんどを
酸素室で過ごしています。何がいいかな…
何をしてやれるかな…どうしたら呼吸を楽にしてやれるかな…毎日そんなことばかり考えています頑張れ小力!
負けるな小力!母ちゃんは出来ることは何でもやるよ!長生きしようね
2014.02.26 弥七の死

この子は昨年7月に交通事故に遭い、保健所に
保護されました。下半身麻痺になり自力で排便排尿が出来なくなりました。保健所での保護期間を経て我が家にやって来ました。怒り顔?渋い顔なので弥七と名付けたんです
エイズキャリアだったこの子はとうとうエイズを発症してしまい2月21日に亡くなりました
最後はガリガリに痩せてしまって、それでも甘えて来て7ヶ月間だったけどありがとう~うちに来てくれてありがとう~
我が家には沢山の保護犬や猫さんが居ます。
ハンディのある子達が沢山います。
保健所から保護され我が家にやって来た子達がほとんどです。これからわんちゃん猫ちゃんを飼おうとしているかたにペット・ショップに行く前に命の期限がある子達にも目を向けて欲しいとおもいます。m(__)m